雑記

【雑記】Go To トラベルキャンペーンを利用して佐賀県に遊びに行ってきました。

新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けた旅行業、宿泊業、観光施設や交通機関等を支援する目的で政府がスタートさせた「Go To トラベルキャンペーン」ですが、「お得だ!お得だ!」とはよく聞いてはいましたが、実際に調べながら旅行の計画を立ててみると、本当にテンションが上がっちゃうぐらいお得だったので、Go Toを利用して佐賀県に遊びに行ってきました。

訪問したところと、Go To トラベルキャンペーンがどれぐらいお得だったのか紹介します。

こんな方におすすめの記事です。

  • 旅行したいがどこに行こうか迷っている方
  • 佐賀県旅行を検討中の方
  • 嬉野温泉旅行を検討中の方

スポンサーリンク

Go To トラベルキャンペーンのお得な制度とは?

Go To トラベルキャンペーンについて簡単に説明しておきます。

宿泊代が安い!

泊まりで旅行に行く時、ホテルや旅館を予約すると思いますが、じゃらん、楽天トラベル、JTBなどを通して予約することで、宿泊代金が35%offになります。

ただし、キャンペーンに参加していない宿泊施設では適用できないので、各予約サイトから「Go To トラベルキャンペーン」関連のページに飛び、キャンペーン対応の宿泊施設の中からお好みのところを探しましょう。

じゃらんで宿泊先を探す!

 

地域共通クーポン券がもらえる!

宿泊施設へのチェックイン時に、宿泊代金の15%相当の「地域共通クーポン券」がもらえます。

このクーポン券は、宿泊先の県とその周辺の都道府県で「地域共通クーポン券使えます」と書かれた青色の紙が貼られたお店であれば、お金のように支払いで使うことができます。

スーパー、コンビニ、飲食店、お土産屋さんなど多くの店で使うことができるので、飲食代やお土産代が結構浮きます。

使用期限がクーポン券をもらった翌日中なので注意しましょう。

スポンサーリンク

訪れたところを紹介!

1日目:2020年10月20日

僕が住んでいるのは岡山県です。

目的地は佐賀県ですが、家族会議の結果、車で行くことにしました。

Google mapで調べてみると約7時間のドライブです。

朝6時出発の予定でしたが、当日4時前に目が覚めてしまったので、そのまま身支度を開始し、4時半頃出発しました。

 

1.勇栄丸

勇栄丸

まず到着したのは、佐賀県藤津郡太良町の勇栄丸というお店です。

ここでお昼ごはんです。牡蠣を食べに来ました。

海岸沿いの道を走り、家を出発してからちょうど7時間ぐらい経った11時半ごろに到着しました。

MrSaka
MrSaka
Google mapの精度すごい。。。

平日ということで、僕たち以外には5組程しかお客さんがいなくて全然密ではありませんでした。

牡蠣、ウインナー、缶ビールを購入してテラス席へ行き、網の上で焼きます。

勇栄丸 勇栄丸 牡蠣

風がとても気持ち良かったです。

プリプリの牡蠣は醤油やポン酢をかけなくても美味しくいただけます。

牡蠣は10個ぐらい入ったかご1つが1,000円でした。

牡蠣以外にも、エビ、ホタテ、ハマグリ、焼き鳥などの焼き物食材はありますし、奥で調理してくれる料理も何種類かあります。(食べ物も飲み物も持ち込みは禁止です。)

僕たちはシメにカニ釜飯を注文しました。

出てくるまでに20~30分かかりましたが、カニの身がしっかり入って美味しかったです。

勇栄丸 カニ釜飯

 

2.轟の滝公園

轟の滝公園

予定にはなかったのですが、旅館への到着が早すぎてチェックインまで時間があったため、近くの轟の滝公園というところに立ち寄ってみました。

水が流れているところは、涼しくて心地が良いですね。

滝が流れているところに何やら銅像のようなものが建っているので行ってみました。

銅像のところから撮った写真が↓↓↓です。

轟の滝公園

赤い橋から銅像のところを4歳の子供と一緒にぐるっと回っても30分もかからないぐらいだったと思いますが、久しぶりに良い運動になりました。

このような銅像があります。

轟の滝公園

 

3.佐嘉平川屋

ここも予定にはなかったのですが、チェックインまでにまだ余裕があったので食べログで評価の高い佐嘉平川屋というお店に行ってみました。

豆腐が売りのお店ですが、スイーツの「ごどうふパフェ」をテイクアウトしていただきました。

上の写真は一口食べてから撮ったものなので、少し汚くてすみません。

最高に美味しくて、また食べたいです。

 

4.光陽閣

宿泊先である光陽閣に到着です。(外観写真は撮っていませんでした。)

僕たちが泊まった部屋は、603号室の半露天風呂付きの部屋でした。

シンプルモダンのお部屋と紹介されています。

光陽閣 光陽閣

光陽閣

広いお風呂に子供は大はしゃぎで、誰よりも長い時間お風呂に浸かっていました。

夜ご飯はすき焼きです。

光陽閣 夕食

新型コロナウイルス対策として、他のお客さんと接する機会をなるべく減らすように配慮されており、お部屋に全て持ってきてくれました。

パッと見て「え、これ足りるの?」と思いましたが、何の心配もいりません。

久しぶりに吐きそうなぐらいお腹いっぱいになりました。

佐賀県産黒毛和牛肥前サクラポークは絶品でした。

翌日の朝食もお部屋に持ってきてくれました。

中国の火鍋のように、お粥と湯豆腐が1つの鍋に入っています。

光陽閣 朝食

おすすめの食べ方として紹介されていたのが、湯豆腐を平らげた後、ご飯を湯豆腐が入っていた方に投入してお粥にして食べる、というやり方ですが、実際にやってみると、少し溶け出した豆腐の風味とご飯が合わさってとても美味しかったです。

これだけ家族全員大満足でしたが、その1泊(夕食、朝食付き)の費用は約28,000円でした。

Go To トラベルキャンペーンがなかったら43,000円です。

しかも、地域共通クーポン券を6,000円分いただくことができました。

MrSaka
MrSaka
かなりお得!
行くっきゃない!

じゃらんのページへ!

スポンサーリンク

2日目:10月21日

2日目は、お昼まで佐賀県内をグルグルと回る予定でスタートしました。

 

5.有田の大公孫樹(おおいちょう)

有田の大公孫樹

光陽閣から車で約30分、大公孫樹(おおいちょう)は、通りがかりに偶然見つけました。

樹齢1000年と言われているそうで、国の天然記念物になっているようです。

下から見上げるとすごい迫力でした。

MrSaka
MrSaka
てか、イチョウってこんな漢字なんですね。

 

6.前田陶助堂

陶助おこし

大公孫樹を通り過ぎ、細い路地を少し歩くと前田陶助堂というお店があります。

2日目最初の目的地はこのお店でした。

陶助おこし」という銘菓は、ここでしか作られておらず、ここでしか買えないということで、食べてみたくてやって来ました。

普通の家みたいなところだったので、どこから入ればいいのか分からずフラフラしていると、たまたまご近所さんらしきおばさまが作業場の方から出てきて「お客さんよー」と社長さんらしき方を呼んでくれました。

その社長さんらしき方に中に案内してもらって、とりあえず陶助おこしがどのような物なのかを見せてもらいました。

陶助おこし

直径5センチぐらいの丸いおこしです。

一般的なおこしと違って、噛むとフワッと柔らかいのが特徴だと言われていました。

お願いすると試食もさせてもらえます。

僕たちはとりあえず15個入りの箱(1,300円)を購入しました。

ちなみにこの陶助おこしですが、めちゃめちゃハマります。

食感は社長さんらしき方が言われていたようにサクフワっと滑らかな感じ、水飴のかなり強い甘さと生姜のピリっと感が相性バッチリで、温かいお茶が飲みたくなる味です。

お年寄りの方にも食べやすいです。

10月21日に購入して賞味期限が11月2日頃だったと思うので、約2週間保存できます。

正直、もっと大量買いすれば良かったと思っています。

 

7.アリタセラ

前田陶助堂から車で10分ほどのところにアリタセラという有田焼専門店が約20店舗ほど連なっているショッピングモールがあります。

平日だからでしょうか、人がほとんどいませんでした。

ホテルでもらった地域共通クーポン券6,000円をここで使うつもりです。

ほとんどのお店でクーポン券が使えそうなので、一通り見てから

  • 日本酒を飲むコップ・・・2個
  • 中皿・・・3枚
  • 子供用お茶碗・・・1個

を購入し、クーポン券を使い果たしました。

クーポン券は1,000円単位でお釣りが出ないので、使い方には注意が必要です。

 

8.呼子港

お昼ごはんに呼子イカを食べようと思って呼子港に向かいました。

佐賀県北部の港のため、有田町からは車で1時間ほどかかります。

事前に調べていた海中魚処 萬坊に行ってみると、なんと「不漁でイカの活造りはありません」との注意書きが貼られていました。

ということは、周辺のお店もすべてダメなのだろうかと、もう1つの候補として考えていた河太郎というお店に電話してみましたが、やっぱりダメでした。

MrSaka
MrSaka
なんのために来たんだ!

仕方なくフラフラと車を走らせ、いか本家 いそ浜別館にたどり着きました。

店頭に立っている店員さんに「今日はどこに行っても活造りは食べられないと思うよ~」と言われ、そこで食事をすることにしました。

メニューを見てもそれほど食欲を掻き立てるようなものがなく、いか丼(1,000円)、いか饅頭(3個500円)、にぎりセット(500円)を頼んで家族3人で分け合って食べました。

いか本家

MrSaka
MrSaka
まぁでもビールはいつどこで飲んでもうまいですね。

 

9.七ツ釜

七ツ釜

「これから穴を見に行く」と言われ、七ツ釜というところに行きました。

呼子港から車で10分ぐらい行くと駐車場があり、そこに車を停めて歩くことさらに10分ぐらいでしょうか。

結構高いところなので怖かったですが、神秘的な光景を見ることができました。

柱状節理と呼ばれる現象でできているそうです。

佐賀県の旅はこれで終わりです。

スポンサーリンク

佐賀県旅行まとめ

  • 海を見ながら食べる牡蠣は最高。
  • ごどうふパフェはめちゃくちゃ美味しい。
  • お部屋に温泉があるとずっと入ってしまう。
  • 陶助おこしはたくさん買えば良かった。
  • 呼子名物いかの活造りは平日でも食べられないときがある。
  • 七ツ釜の穴は意外と感動する。

佐賀県はお肉、海鮮、スイーツとグルメは揃っていますし、海や川の自然も綺麗です。

是非一度訪れてみてください。

じゃらんのページへ!

 

 

-雑記

Copyright© 終わりなきBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.