致知

【致知】人間学を学ぶ月刊誌「致知」について

当ブログでは、致知出版社の月刊誌「致知」という雑誌を読んだ感想を月に一度書いています。

参考

致知

2021/7/5

【致知】2021年8月号「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」を読んだ感想

2021年8月号のテーマは「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」となっています。 特集には、松下幸之助、稲盛和夫、坂村真民といった、そうそうたる面々がコツコツと積み重ねることの大事さを説いています。 スポンサーリンク この言葉には3回の「積み重ね」が使われていますが、個人的には2回目の「積み重ねても」というのがポイントのような気がします。 仕事、勉強、趣味・特技、資産形成など、何においてもゴールや終わりと言える到達点はないように思います。 というより、到達したと思うことで自分自身の成長を止めてしまうこと ...

ReadMore

致知

2021/6/6

【致知】2021年7月号「一灯破闇」を読んだ感想

2021年7月号のテーマは「一灯破闇」(いっとうはあん)です。 感想を書いていきます。 スポンサーリンク 目次一灯破闇とは?感想 一灯破闇とは? 一灯破闇とは、漢字のとおり「一灯、闇を破る」ことで、陶芸家・河井寛次郎さんが創作した言葉だそうです。 特集には、 将棋の第15代名人・大山康晴さんがこの言葉を心に刻んでおり、ピンチになった時にこの言葉を思い出す。 Aさんは「修身教授録」を読んで、一灯破闇の機会を得た。 リンク 月刊誌「致知」が、誰かの人生の闇を破る一灯となり得たことは感無量である。 といったこと ...

ReadMore

致知

2021/5/13

【致知】2021年6月号「汝の足元を掘れ そこに泉湧く」を読んだ感想

致知2021年6月号のテーマは「汝の足元を掘れ そこに泉湧く」です。 それでは感想を書きます。 スポンサーリンク 目次言葉の意味思い浮かぶのはあの名曲感想自分にしか到達できない泉仕事を生み出すことは難しい自分を知ろう 言葉の意味 この言葉は、ドイツの哲学者・ニーチェの言葉ですが、高山樗牛(ちょぎゅう)さんはこのように訳しているそうです。 己の立てるところを深く掘れ、 そこには必ず泉あらん。 高山樗牛さんとは明治時代の文芸評論家だそうです。 かなり変わった名前ですが、山形県鶴岡市の鶴岡公園には銅像が建てられ ...

ReadMore

致知

2021/4/7

【致知】2021年5月号「命いっぱいに生きる」を読んだ感想

致知2021年5月号のテーマは「命いっぱいに生きる」です。 紹介されている言葉と感想を書きます。 スポンサーリンク 目次先達の4つの言葉1.小林秀雄氏の言葉2.森信三氏の言葉3.平澤興氏の言葉4.坂村真民氏の言葉感想 先達の4つの言葉 1.小林秀雄氏の言葉 力は乏しくても精一杯生きているものは真実である。   2.森信三氏の言葉 人間の偉さは才能の多少よりも、 己に授かった天分を生涯かけて出し尽くすか否かにあるといってよい。 スポンサーリンク 3.平澤興氏の言葉 偉い人というのは生活の中に燃える ...

ReadMore

致知

2021/3/6

【致知】まさかの長渕剛さん登場!心に残っている言葉とは?

致知2021年4月号の表紙を見て驚きました。 なぜならそこには「シンガーソングライター 長渕剛」と書かれていたからです。 以前、関ジャニ∞・村上信五さんが登場したことがあり、その時ぐらいの驚きがありました。 こちらもCHECK さて、長渕剛さんは意外にも(?)偉大なる経営者・稲盛和夫氏と深い交流があるそうです。 稲盛氏といえば、数々の名言を残していることでも有名ですが、長渕さんは直接稲盛氏の口から名言を聞いてきて生き方に大きな影響を受けたようです。 それでは、長渕さんが思い出に残っている稲盛氏の言葉とは一 ...

ReadMore

今さらになりますが、この「致知」がどういった雑誌なのか?世の中でどう活用されているのか?なぜ僕が読んでいるのか?について説明しておきます。

注意

決して皆さんに「ぜひ致知を読んでください!」とおすすめする記事ではありません。

致知関連の記事が当ブログの中でちょっと浮いたカテゴリーになっている気がしているので、説明を挟んでおこうというものです。

MrSaka
MrSaka
浮いていると言いながら、検索から当ブログへの流入はほぼ致知に関する記事なので、このブログはもはや致知ブログと言っても過言ではないのですが。。。

スポンサーリンク

「致知」とはどのような雑誌?

「致知」という雑誌については致知出版社のHPを見ていただくのが手っ取り早いですが、僕は10年以上「致知」と付き合いがあり、中身については概ね理解しているつもりなので、こちらでも簡単に紹介します。

 

目的

「致知」は人間力の教育・育成を目的とした雑誌です。

なので、何歳だろうがお金持ちだろうが有名人だろうが関係なく、対象読者は全人類になります。

MrSaka
MrSaka
心に響くかどうかは別問題ですけどね。。。

 

内容

内容としては、著名人へのインタビュー著名人同士の対談が主となっています。

ただし、あくまで「人間力の育成」が目的なので自由気ままに話しているようなものではありません。

ある程度「人間力の育成」を意識したものにするために、毎月「テーマ」が決められています。

 

1.テーマについて

月ごとにテーマは変わります。

テーマというのは、僕が書いている感想文記事のタイトルにカギ括弧で書いているようなものです。

致知

2021/7/5

【致知】2021年8月号「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」を読んだ感想

2021年8月号のテーマは「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」となっています。 特集には、松下幸之助、稲盛和夫、坂村真民といった、そうそうたる面々がコツコツと積み重ねることの大事さを説いています。 スポンサーリンク この言葉には3回の「積み重ね」が使われていますが、個人的には2回目の「積み重ねても」というのがポイントのような気がします。 仕事、勉強、趣味・特技、資産形成など、何においてもゴールや終わりと言える到達点はないように思います。 というより、到達したと思うことで自分自身の成長を止めてしまうこと ...

ReadMore

致知

2021/6/6

【致知】2021年7月号「一灯破闇」を読んだ感想

2021年7月号のテーマは「一灯破闇」(いっとうはあん)です。 感想を書いていきます。 スポンサーリンク 目次一灯破闇とは?感想 一灯破闇とは? 一灯破闇とは、漢字のとおり「一灯、闇を破る」ことで、陶芸家・河井寛次郎さんが創作した言葉だそうです。 特集には、 将棋の第15代名人・大山康晴さんがこの言葉を心に刻んでおり、ピンチになった時にこの言葉を思い出す。 Aさんは「修身教授録」を読んで、一灯破闇の機会を得た。 リンク 月刊誌「致知」が、誰かの人生の闇を破る一灯となり得たことは感無量である。 といったこと ...

ReadMore

致知

2021/5/13

【致知】2021年6月号「汝の足元を掘れ そこに泉湧く」を読んだ感想

致知2021年6月号のテーマは「汝の足元を掘れ そこに泉湧く」です。 それでは感想を書きます。 スポンサーリンク 目次言葉の意味思い浮かぶのはあの名曲感想自分にしか到達できない泉仕事を生み出すことは難しい自分を知ろう 言葉の意味 この言葉は、ドイツの哲学者・ニーチェの言葉ですが、高山樗牛(ちょぎゅう)さんはこのように訳しているそうです。 己の立てるところを深く掘れ、 そこには必ず泉あらん。 高山樗牛さんとは明治時代の文芸評論家だそうです。 かなり変わった名前ですが、山形県鶴岡市の鶴岡公園には銅像が建てられ ...

ReadMore

致知

2021/4/7

【致知】2021年5月号「命いっぱいに生きる」を読んだ感想

致知2021年5月号のテーマは「命いっぱいに生きる」です。 紹介されている言葉と感想を書きます。 スポンサーリンク 目次先達の4つの言葉1.小林秀雄氏の言葉2.森信三氏の言葉3.平澤興氏の言葉4.坂村真民氏の言葉感想 先達の4つの言葉 1.小林秀雄氏の言葉 力は乏しくても精一杯生きているものは真実である。   2.森信三氏の言葉 人間の偉さは才能の多少よりも、 己に授かった天分を生涯かけて出し尽くすか否かにあるといってよい。 スポンサーリンク 3.平澤興氏の言葉 偉い人というのは生活の中に燃える ...

ReadMore

致知

2021/3/6

【致知】まさかの長渕剛さん登場!心に残っている言葉とは?

致知2021年4月号の表紙を見て驚きました。 なぜならそこには「シンガーソングライター 長渕剛」と書かれていたからです。 以前、関ジャニ∞・村上信五さんが登場したことがあり、その時ぐらいの驚きがありました。 こちらもCHECK さて、長渕剛さんは意外にも(?)偉大なる経営者・稲盛和夫氏と深い交流があるそうです。 稲盛氏といえば、数々の名言を残していることでも有名ですが、長渕さんは直接稲盛氏の口から名言を聞いてきて生き方に大きな影響を受けたようです。 それでは、長渕さんが思い出に残っている稲盛氏の言葉とは一 ...

ReadMore

毎月のテーマを理解し、心の中に刻み込むことができたら、またひとつ人間力が向上したということになります。

各月のテーマにおけるまえがきとなるページが「特集」のページです。

 

2.特集について

特集は、致知出版社の方が書いています。

量は1~2ページ程度で、その月のテーマに関するエピソードなどが簡単に書かれています。

僕は毎月この特集のページを読んで、感想をブログに書いています。

インタビューや対談は「特集」のあとからになります。

 

3.インタビュー/対談について

インタビューや対談には著名人が登場します。

これまで登場した中で記憶に残っているのは、

  • 稲盛和夫(実業家)
  • 羽生善治(棋士)
  • 武田双雲(書道家)
  • 齋藤孝(教育学者)
  • 白鵬(相撲力士)
  • 井上康生(柔道家)
  • 松岡修造(テニスプレイヤー)
  • コシノジュンコ(デザイナー)
  • 村上信五(タレント)
  • 相田一人(相田みつをの息子)

といったところです。

10年前は上記のようなテレビで見かけるような方はほとんど出てきませんでしたが、最近になって増えている印象です。

MrSaka
MrSaka
なにか大人の事情がありそうですな。

もちろん誰もが知っているような方だけでなく、「1回戦で敗退するばっかりだった弱小校を甲子園に導いた先生」とか「生まれつき重度の病気を持っているのに今はそれさえも武器にして世の中に貢献している人」など、名前は知らないし今も覚えてないけど、とても尊敬できるような方もたくさん登場します。

このような方々のインタビューや対談が、毎月大体5記事ぐらい掲載されています。

スポンサーリンク

どのように活用されている?

僕はただ読んで感想をブログに書いているだけですが、企業や団体でまとめて購入して社員に配っているところでは木鶏会というものを開催していることが多いです。

 

木鶏会とは?

木鶏会というのは、その会社の社員やスタッフ全員が集まって開催される研修会のようなものです。

木鶏会の流れを簡単に説明すると、

  1. 感想文を書く
  2. 少人数チームに分かれる
  3. チーム内で感想文を読み、褒め合う
  4. 褒め合った内容を報告する

こんなところです。

よく分からないと思うので、1つずつ少し具体的に説明していきます。

 

1.感想文を書く

全員が「致知」を読んで各々感想文を書きます。

どの記事を読んで感想文を書くのかは、企業や団体によってルールが違うかもしれません。

「致知出版社が推奨している3記事(特集+2記事)のどれか」「どの記事でも良い」「特集のページ」などです。

感想文の内容は自由ですが、人に聞いてもらう、そしてそれを褒めてもらう、ということを意識して書いておくのが無難です。

 

2.少人数チームに分かれる

3~5人程度のチームを作って分かれます。

チームを作ると言っても仲の良い同じ部署の人と勝手に組むものではありません。

部署や役職、性別、年齢などをごちゃ混ぜにしたできるだけランダムなチームにします。

そうすることで、普段はなかなか話す機会がない人と顔を合わせて話すことができるというわけです。

これは木鶏会のメリットの1つです。

チームに分かれたら、チーム内でリーダーとチーム名を決めます。

リーダー決めにおいて、上司が部下に「お前がやれ」と圧力をかけてはいけません。

じゃんけん、あみだくじ、立候補など公正に決めます。

チーム名を決めるのは、仲間意識を高めるためです。

 

3.チーム内で感想文を読み、褒め合う

リーダーとチーム名が決まれば、チーム内での感想文発表会がスタートです。

まずはリーダーから自分が書いた感想文を読み上げます。

読み終わると他の人は拍手をし、隣の人から時計回りの順でその感想文について褒めていきます。

チームのメンバー全員がリーダーを褒め終えたら、次はリーダーの隣の人(時計回り)が自分の感想文を読み上げます。

その人が読み終わると他の人は拍手をし、同じように隣の人から時計回りの順でその人の感想文を褒めます。

あとはその繰り返しで、全員が感想文を読み全員で褒める、という流れです。

全チームの褒め合いが終わると、各チームのリーダーは前に出て行きます。

 

4.褒め合った内容を報告する。

前に出てきた各チームのリーダーは、自分たちのチーム紹介(メンバーとチーム名)をし、チーム内でどのような話をしたか、どのような点が素晴らしかったか、などをみんなの前で報告します。

全リーダーの報告が終わると全員で拍手して終了です。

場合によっては、社長などの総括や講評があるところもあるかもしれません。

 

木鶏会の共通ルール

木鶏会の流れや細かいやり方は企業や団体によって微妙に調整されていることが多いですが、これだけは守りなさいという絶対的なルールがあります。

それは「美点凝視(びてんぎょうし)」です。

美点凝視とは、良いところや長所を見るということです。

世の中には、他人の欠点や短所を見つけては悪口や陰口、不平不満を言う人は多いですが、良いところや長所に対して褒める人はあんまりいないですよね。

木鶏会を通して「美点凝視」の力を身に付けようというのが、この木鶏会の大きな狙いです。

なので感想文を褒めるときにおいては、感想文を書いた人のことをどんなに嫌いだったり苦手だったりしても、けなしたり説教したりしてはいけないのです。

こうして、木鶏会によって「会社の絆が深まった」とか「普段から美点凝視を意識して過ごす癖がついた」などといった声が上がっているそうです。

 

以上が「致知」という雑誌の活用のされ方です。

スポンサーリンク

僕が「致知」を読んでいる理由!

それでは、木鶏会に参加していない僕がなぜ「致知」を読んでいるのか、その理由について述べていきます。

 

1.考え方を学びたい

「致知」に登場する人は、いわゆる「成功者」がほとんどです。

そんな方々がどのような考えや思想を持っているのかというのは非常に興味があります。

うわべだけで語っていることもあるかもしれませんが、別にそれはそれで構わないです。

 

2.自分の思いを発信したい

結局、いろいろな人の考えや思想を読んだ上で、自分の思いをブログに書いてアウトプットしたいのです。

普段生活していて、自分の人生観や仕事に対する考え方を熱く語ったところで話を聞いてくれる人は悲しいかなほとんどいません。(僕も読むのは好きだけど直接話を聞くのはあまり好きではないです。)

ブログは、誰かが本気で読んでくれるかどうかは置いておいて、なんでもかんでもとりあえず書いてしまうことができるので、それだけで頭が整理でき、気持ちもスッキリするのが良いところです。

 

3.誰かの助けになるかも(?)

木鶏会をやっている会社では感想文を書くことは必須ですから、Googleなどで「致知 感想文」といった検索をする人は当然います。

そんな方にとって少しでもヒントになったり助けになったりすればいいな、という気持ちもあります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 月刊誌「致知」は人間力の育成を目指している。
  • 木鶏会に開催によって「致知」の威力は増す。
  • 僕はいろいろな人の考えを学び、自分なりにブログでアウトプットしたい。
  • 僕は決して致知出版社の回し者ではありません。

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.