致知

【致知】2021年11月号「努力にまさる天才なし」を読んだ感想

致知2021年11月号の特集は「努力にまさる天才なし」です。

感想を書きます。

スポンサーリンク

天才とは?

文中には天才についてこう書かれています。

天才は努力しなければならない環境を自ら創り出して努力することをやめない。

努力することが息をするのと同様になっている人を天才という。

一方で、努力しなくてもいい環境になると努力をやめてしまうのは凡才であるとも書かれています。

スポンサーリンク

自分を振り返って

僕自身を振り返ってみると、、、

同じ給料ならラクな仕事がしたい!
MrSaka
MrSaka
この仕事をしてもお給料は変わらないよなぁ。。。
MrSaka
MrSaka

こんなことばかり考えているので紛れもない凡人、大大大凡人です。

上記天才に当てはまる人の場合、自分を追い込んで追い込んで、いろんな仕事をこなし、改善に改善を重ねてどんどん仕事を効率化して、さらに多くの仕事をこなせるようになって、能力が向上して、、、と素晴らしいサイクルが生じることと思います。

学生時代のアルバイトの時を含め、僕が勤めた会社は3社しかありませんが、どこの会社にも熱い思いを持って仕事に取り組んでいる人が1人はいました。凡人の僕は「すごいなぁ」という目でしか見ることができず、なかなか凡人を脱することができていません。

スポンサーリンク

凡人から天才になるには

こんな凡人の僕ですが、天才になる方法は1つしかないと思っていて、それは好きなことを仕事にすることです。

仕事を無理矢理好きになれというのは、精神的にツラいものです。僕も一時期、自分自身を洗脳するように、

ここがこうなるのは不思議じゃないか~?
なんでこうなるか気になるだろう~?
こうやって調べるの楽しいだろう~?
MrSaka
MrSaka

なんて、無理矢理仕事を楽しむような思考を頑張って持つようにしましたが、これはなかなか維持できません。結局、転職することになりました。

なので、天才になりたければ好きなことを仕事にするしかないです。

イチロー、武豊、羽生善治、桜井和寿などなど、日本人でも天才と言われる人は多いですが、彼らは一生遊んで暮らせるぐらいのお金は持っているはずなのにまだまだお仕事を続けています。単純に好きなことを熱心に打ち込んで、それに結果が付いてきたようなものなのではないかと思います。

就職した会社の仕事がたまたま楽しすぎるとか、したいことがあって狙っていた会社に就職して楽しく仕事をできている人は、天才になれる可能性が十分あるので羨ましいですが、何をすれば楽しいのかも分からない人は、自分の好きなことから仕事を作り出すしかありません。

参考【雑記】個人事業主の開業届の提出は超簡単!事業主になるメリットとデメリットは!?【資産運用】

個人事業主の開業届を税務署に持って行ってきました。 手続きは色々とめんどくさいのかなぁと思っていたのですが、開業freeeというサイトでとてもラクちんにできてしまいました。 それについては後半に触れる ...

続きを見る

スポンサーリンク

天才になる必要があるのか?

今回の特集のページの最後に、

常に目指すものを持ち、全力を尽くす人生でありたい。

と書かれています。

ゴールは明確な方が、何を頑張ればいいのかがはっきりして良いのは間違いないと思っています。そのゴールは人それぞれ違うものですが、僕はサイドFIREという考え方がすごく好きです。

参考【資産運用】サイドFIREを達成するために考えるべきポイントと取るべき行動!

最近、FIREという言葉をSNSやブログ等でよく目にするようになりました。 FIREとは FIRE=Financial Independece Retire Early 上記4つの単語の頭文字を取った ...

続きを見る

なので、楽しくない仕事をするうえでは頑張って天才になる必要はなくて、自分の人生のゴールを目指して努力する天才でありたいと思うし、それがあるべき姿かなと思います。

スポンサーリンク

致知

2020/11/28

【致知】2020年6月号「鞠躬尽力」を読んだ感想

致知6月号(2020年)のテーマは「鞠躬尽力」です。 難しい漢字ですね。初めて見ました。 「きっきゅうじんりょく」と読むそうです。 それでは個人的に思ったことです。 スポンサーリンク 目次鞠躬尽力、死して後已まん「鞠躬尽力」の意味「死して後已まん」の意味2つを合わせると・・・2人の登場人物1人目  吉田松陰2人目  渡部昇一感想 鞠躬尽力、死して後已まん テーマ「鞠躬尽力」の後に続きがあるそうです。 鞠躬尽力、死して後已(や)まん   意味がよく分からないのでひとつずつ調べてみました。 &nbs ...

ReadMore

致知

2022/1/6

【致知】2020年3月号「意志あるところ道はひらく」を読んだ感想

胡散臭いタイトルですみません。 さて、「致知(ちち)」という雑誌をご存じでしょうか。 致知出版社( 人間学を探究して四十二年|致知出版社)が「人間力を学べる月刊誌」として発行している雑誌です。 稲盛和夫さんなど有名企業のお偉いさんたちが武勇伝を語って、「みんなも頑張ろうぜ」みたいな自己啓発的な内容になっています。 ただ、正直ちょっと宗教じみた臭いも少しだけします。   僕の会社では、毎月配られ感想文を書くことになっています。 毎月大体似たような感想になってしまうのですが、2020年3月号は個人的 ...

ReadMore

致知

2021/8/7

【致知】2021年9月号「言葉は力」を読んだ感想

致知2021年9月号のテーマは「言葉は力」です。 シンプルでありながら力強いテーマです。 それでは、読んだ感想です。 スポンサーリンク 目次言葉は命の元となる人間的器量が大事 言葉は命の元となる 美しい言葉や心を鼓舞する言葉は、人間の命の元となるとのことです。 また逆に、汚水が花を枯らすように、人を貶め損なうような言葉は、人間の心を腐らせ滅ぼす、とも書かれています。 大人になって、人を傷付けるような言葉はできるだけ口に出さないように意識するようになりましたが、子供が産まれてからはついつい子供に対してきつい ...

ReadMore

致知

2021/11/7

【致知】2021年12月号「死中活あり」を読んだ感想

致知2021年12月号のテーマは「死中活あり」です。 この言葉は安岡正篤氏の「六中観」で挙げられている、6つの言葉の中の1つだそうです。 その意味や感じたことについて書いていきます。 スポンサーリンク 目次「死中活あり」とは?感想 「死中活あり」とは? 六中観の中の1つ、死中活ありは以下のような意味を持っています。 もう駄目だという状況の中にも必ず活路はある。 死中においても必ず活路を見出せるという、かなり前向きな言葉です。 この言葉以外の5つの言葉については、死中に活路を見出すために必要な要因としての位 ...

ReadMore

致知 2023年 3月 感想

致知

2023/2/5

【致知】2023年3月号「一心万変に応ず」を読んだ感想

致知2023年3月号のテーマは「一心万変に応ず」です。 それでは、感想を書きます。 スポンサーリンク 目次「一心万変に応ず」とは「腰に帯して立ち上がれ」感想 「一心万変に応ず」とは 特集には、以下のような意味として取り上げられています。 自分の心さえ調い定まっていれば、 また養っていれば、 人生のどのような変化にも処していける。 これは安岡正篤氏の『経世の書「呂氏春秋」を読む』の中に出てくる言葉だそうです。 「呂氏春秋」というのは、中国戦国時代の政治家・呂不韋が中心になって記した書物で、当時の百科事典のよ ...

ReadMore

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.