致知

【致知】2020年8月号「鈴木大拙に学ぶ人間学」を読んだ感想

致知8月号のテーマは「鈴木大拙に学ぶ人間学」です。

<特集>を読んだ感想を書きます。

 

鈴木大拙って誰?

まず思ったのはこれでした。

調べてみると1870年生まれの仏教哲学者だそうです。

名前的にゴリゴリのジャパニーズかと思ったのですが、アメリカやヨーロッパの各地で仏教思想や日本文化の講義を行ったという、英語がとても得意でかなりグローバルな方でした。

仏教の中でも特に禅の思想が詳しかったそうです。

 

 

 

長い階段

鈴木大拙が晩年に住んでいたのは鎌倉の松ヶ丘文庫というところだそうです。

そこには130段の階段があり、90歳にもなる大拙は外出するたびに当然その階段を上っていました。

ある人がこう問いました。

先生、90にもなって130段の階段を上るのは大変でしょう。

 

それに対して大拙が返した言葉が秀逸であり、心に留めておきたい言葉です。

ポイント

一歩一歩上がれば何でもないぞ。

一歩一歩努力すれば、いつの間にか高いところでも上がっている。

 

勉強、仕事、スポーツ、音楽、貯金、、、何にでも通ずる重みのある言葉です。

 

そして、この階段というのは一直線の急な石段ではなく、緩やかな勾配の山道で、歩幅もゆとりがあり木々も豊か、工夫の凝らされた石段だったそうです。

これが示しているのは、人生は厳しいことや辛いことばかり(=一直線の急な石段)ではなく、楽しいことや嬉しいことをしっかりと感じながら(=工夫が凝らされた石段)前に進んでいくということではないかと想像できます。

ただし前提として、「努力すれば」です。

何もせずに人生ハッピーなことばかりあるとは僕も思いません。

今辛い環境に囲まれて暮らしていて一歩も歩けないのであれば、努力が足りないのでしょう。

楽しく生きていける道を探したり、環境を変えていく努力をする必要があると思います。

まずは自分がどんな人生なら幸せなのかを考えてみて、それを実現するために積極的に行動することで、いつかたどり着けると信じています。

スポンサーリンク

大拙が追及したテーマ

「鈴木大拙全集」全40巻の中から1つの言葉が紹介されていました。

自由だ、創造的だ、随処に主となるのだというだけでは、何にもならぬ。

人間には、他の生物と違って大悲というものがなくてはならぬ。

(「新編 東洋的な見方」より)

参考

 

MrSaka
MrSaka
大悲(だいひ)って何??

 

調べてみると、仏教用語みたいです。

メモ

大悲:衆生(しゅじょう)の苦を救う、仏・菩薩(ぼさつ)の大きな慈悲。

⇒他者の苦しみを救いたいと願う心。

 

なるほど、、、「自分自分ではなく人の幸せを考えましょう。」という意味を持った言葉ですかね。

これまでにも何度も出てきた「利他主義」という言葉に近いでしょうか。

 

正直なところ、僕はこの考え方があまり好きではありません。

自分の人生がどうあれば幸せなのかを考えたとき、「お客様の喜ぶ顔が見たい!」「上司や社長に褒められたい!」「会社の利益に貢献したい!」こんなことを本気で思っている人は、何かしら洗脳されているのではないかと思ってしまいます。

僕は、会社にいる時間などできるだけ少なくして、一緒にいたい人とできるだけ長い時間を過ごしたいし、好きな時に好きな人と好きなところに遊びに行きたいです。(いわゆる「自由」が欲しいのかもしれません。)

会社にいる時間を減らすと給料は少なくなりますが、それでも全然良くて、給料が減った分は他の方法で稼げばいいし、無駄な支出を減らすことだってできますし、資産運用でお金を増やすこともできます。

毎日毎日早起きして会社に行って残業して帰るのが当たり前、みんなやっているんだから、と盲目的に考えて、無理矢理にでも仕事の中でやりがいや楽しみを見つけようとするのはすごくイヤです。

 

しかし、自分の思う幸せな人生というものを手にしたとき、もしかすると他人も幸せにしてあげたいという気持ちが芽生えてくるのかもしれません。

そういう意味では、鈴木大拙であったり、利他主義を唱えているような人というのは、一歩一歩努力して上った先のとても高いところへたどり着いていて、すごく充実した人生を送っている人たちなのかもしれないですし、僕もいつかその領域にたどり着けるように努力を継続したいです。

こちらもCHECK

【致知】人間学を学ぶ月刊誌「致知」について

当ブログでは、致知出版社の月刊誌「致知」という雑誌を読んだ感想を月に一度書いています。 参考 今さらになりますが、この「致知」がどういった雑誌なのか?世の中でどう活用されているのか?なぜ僕が読んでいる ...

続きを見る

関連記事

致知

2021/8/7

【致知】2021年9月号「言葉は力」を読んだ感想

致知2021年9月号のテーマは「言葉は力」です。 シンプルでありながら力強いテーマです。 それでは、読んだ感想です。 スポンサーリンク 目次言葉は命の元となる人間的器量が大事 言葉は命の元となる 美しい言葉や心を鼓舞する言葉は、人間の命の元となるとのことです。 また逆に、汚水が花を枯らすように、人を貶め損なうような言葉は、人間の心を腐らせ滅ぼす、とも書かれています。 大人になって、人を傷付けるような言葉はできるだけ口に出さないように意識するようになりましたが、子供が産まれてからはついつい子供に対してきつい ...

ReadMore

致知

2021/5/13

【致知】2021年6月号「汝の足元を掘れ そこに泉湧く」を読んだ感想

致知2021年6月号のテーマは「汝の足元を掘れ そこに泉湧く」です。 それでは感想を書きます。 スポンサーリンク 目次言葉の意味思い浮かぶのはあの名曲感想自分にしか到達できない泉仕事を生み出すことは難しい自分を知ろう 言葉の意味 この言葉は、ドイツの哲学者・ニーチェの言葉ですが、高山樗牛(ちょぎゅう)さんはこのように訳しているそうです。 己の立てるところを深く掘れ、 そこには必ず泉あらん。 高山樗牛さんとは明治時代の文芸評論家だそうです。 かなり変わった名前ですが、山形県鶴岡市の鶴岡公園には銅像が建てられ ...

ReadMore

致知

2021/1/3

【致知】2021年2月号「自靖自献」を読んだ感想

2021年2月号の致知のテーマは「自靖自献」です。 「致知」については下の記事を参考にしてください。 特集を読んだ感想を書きます。 スポンサーリンク 目次「自靖自献」とは?意味内容感想 「自靖自献」とは? 意味 自靖自献(じせいじけん)という言葉は初めて見ました。 意味は「自ら靖(やす)んじ自ら献ずる」、つまり「心の平安を保ち、世のため人のために自らを尽くすこと」だそうです。   内容 「自靖自献」という言葉で伝えたいことは以下です。 事あるごとにイライラしたり不平を言ったり人と衝突ばっかりして ...

ReadMore

致知

2022/2/6

【致知】2022年3月号「渋沢栄一に学ぶ人間学」を読んだ感想

致知2022年3月号のテーマは「渋沢栄一に学ぶ人間学」です。 新一万円札に描かれることになっている渋沢栄一の功績、そしてその人間性からはたくさんの学ぶことがあるという内容です。 感想を書きます。 スポンサーリンク 目次3つの魔感想 3つの魔 渋沢栄一は3つの魔を持っていたとのことです。 吸収魔:よく勉強し吸収をやまない人 建白魔:よく立案、企画、建白する人 結合魔:人と人とを結びつけてやまない人 魔というのは、それだけ打ち込んだということだそうです。 スポンサーリンク 感想 3つの魔のうちの上2つは、いか ...

ReadMore

致知

2021/11/7

【致知】2021年12月号「死中活あり」を読んだ感想

致知2021年12月号のテーマは「死中活あり」です。 この言葉は安岡正篤氏の「六中観」で挙げられている、6つの言葉の中の1つだそうです。 その意味や感じたことについて書いていきます。 スポンサーリンク 目次「死中活あり」とは?感想 「死中活あり」とは? 六中観の中の1つ、死中活ありは以下のような意味を持っています。 もう駄目だという状況の中にも必ず活路はある。 死中においても必ず活路を見出せるという、かなり前向きな言葉です。 この言葉以外の5つの言葉については、死中に活路を見出すために必要な要因としての位 ...

ReadMore

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.