雑記

【雑記】20種類以上の日本酒が飲み放題!久々の「はまゆう」!

岡山県岡山市にある名店「はまゆう」に行ってきました。

さて、どんなお酒が出てきたのか、前回行った時から内容は変わっていたのか、紹介します。

知人への贈り物選びの参考にもなると思うので、是非最後まで読んでください。

参考【雑記】美味しい日本酒がズラリ!岡山の名店「はまゆう」!

岡山に「はまゆう」という名店があります。 日本酒飲み放題が人気のとんでもないお店です。 どんな日本酒が出てくるのか紹介します! スポンサーリンク 目次感想はまゆうについて概要コース通常メニュー登場した ...

続きを見る

スポンサーリンク

登場した日本酒

今回も前回に続いて、大吟醸コース(3,000円/1人2時間)です。

1.こしのはくせつ、出羽桜 一耕、八海山、醸し人九平次、浦霞 禅

左の3本は前回と同じです。前回の黒龍に代わって、醸し人九平次浦霞 禅が登場です。

 

2.風の森、作 穂乃智、醸し人九平次 火と月の間に

風の森は前回4種類が出てきましたが、今回はそれらとは別のものでした。

も前回出てきましたが、それとは別の穂乃智という種類になっていました。

醸し人九平次は、先ほどとは別の種類が出てきました。火と月の間にという名前が付いていて、何が違うのか解説があったような気もしますが、ちょっと覚えていません。

スポンサーリンク

3.鳳凰美田(生原酒、Black Phoenix、日光~NIKKO~)、醸し人九平次(La Maison、rendez-vous)

左の3つは鳳凰美田という銘柄で、真ん中のBlack Phoenixは確か海外、特に中国への輸出用としてデザインされたと聞きました。日本酒でここまで派手な絵が描かれたものはなかなか見ないですね。

右の2つは三度登場、醸し人九平次です。最近、流行っているんですかね?これらは欧州への輸出用として発売されたとのことです。確かにワインみたいでオシャレです。

ここでマスターから声がかかりました。

「このへんまはまだ中盤、下(げ)のお酒ばかりですよ~。早く次いきましょ~。」

なんてこったい。

 

4.洗心、得月、久保田(萬寿、翠寿、碧寿、紅寿)

前回と全く同じ久保田シリーズです。

マスターのオススメは、コスト面含めて紅寿だそうです。確かにうまい。

スポンサーリンク

5.新政No.6(Xーtype)

No.6は前回も登場しましたが、前回はS-typeでした。今回はX-typeの新作です。ボトルがかっこよすぎます。

 

7.剣、DATE SEVEN、十八盛、浜千鳥、年輪、土佐鶴

このラインナップも前回とほぼ一緒ですが、DATE SEVEN十八盛が新たに登場です。

DATE SEVENは何やら限定のようなもので、「2021年7月7日 PM7時以降に開栓しましょう」ということが書かれています。

十八盛は、地元岡山のお酒です。以前マスターは「岡山には美味しいお酒がない」と言っていましたが、この十八盛はとても美味しかったです。たくさん飲んでしまいました。

年輪は、マスター曰く「ここでしか飲めないお酒。なぜならこのお酒を買っているのはトヨタ自動車の豊田章男さんとウチのお店だけだから」とのことです。本当かどうかは知りません。

スポンサーリンク

まとめ

  • 出てきたお酒の種類は26種類、前回の28種類から2種類減少です。
  • 前回と全く同じお酒は13種類で、ちょうど半分でした。
  • 上位クラスのお酒に新登場があったので、種類は減ったものの満足度はむしろ高いです。
  • お酒好きな身内・友人・知人に贈り物をする時に非常に参考になります。
参考【雑記】美味しい日本酒がズラリ!岡山の名店「はまゆう」!

岡山に「はまゆう」という名店があります。 日本酒飲み放題が人気のとんでもないお店です。 どんな日本酒が出てくるのか紹介します! スポンサーリンク 目次感想はまゆうについて概要コース通常メニュー登場した ...

続きを見る

-雑記

Copyright© 終わりなきBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.