致知

【致知】2020年5月号「先達に学ぶ」を読んだ感想

致知5月号(2020年)のテーマは「先達に学ぶ」です。

4人の偉大な先人が登場します。

  • 安岡 正篤(やすおか まさひろ)
  • 森 信三(もり のぶぞう)
  • 平澤 興(ひらさわ こう)
  • 坂村 真民(さかむら しんみん)

致知ではお馴染みです。

スポンサーリンク

先達とは?

先達(せんだつ)という言葉は、致知ではよく出てきますが、普段なかなか聞くことはありません。

先達:先に道に達し、導きをする人

この先達を追いかけ続けてここまで成長した雑誌が致知です。

特に取り上げられたことが多いのが先に挙げた4人の先達で、今月の特集では、一人ずつ紹介されていました。

 

4人の先達

1.安岡 正篤

致知は、安岡先生とは直接会ったことはないそうです。

僕は致知で名前を見たことがあるだけなので、改めてGoogleで調べてみると、、、

f:id:MrSaka:20200416203450p:plain

・・・怖そうですね。

中身が外見に滲み出ているような威圧感があります。

何者かと調べてみると、陽明学者・哲学者・思想家だそうです。

そして、驚くべきは三菱グループ、近鉄グループ、住友グループ、東京電力などにも指南していたとのこと。

恐るべしカリスマ!

確かに、この見た目だと話すことに説得力がありそうです。

 

2.森 信三

続いては、哲学者・教育者の森信三先生です。

本名は「のぶぞう」ですが、「しんぞう」と呼ばれることも多いようです。

f:id:MrSaka:20200416213907p:plain

間寛平さんにちょっと似ていて、安岡先生よりは親しみやすそうです。

致知担当者さんは、森先生が88歳のときに初めて会って、お寿司をごちそうになったとのことです。

どのような雰囲気の食事だったのか想像がつきませんが、おいしいはずのお寿司もちゃんと味わえなかったんじゃないでしょうか。

とはいえ、それ以上に学べたことが多いかと思いますが。

 

3.平澤 興

次は医学者の平澤先生です。

f:id:MrSaka:20200416214929p:plain

チョビ髭が印象的です。

致知担当者さん曰く、

マスコミ的にはほとんど知られていない人の中に

本物の人がいる

とのこと。

確かに調べてみても、平澤先生を大きく取り上げているのは致知ぐらいです。

お医者さんは人の命のことを常に考えている職業だと思います。

そのような方から発せられる言葉はとても重みがあるでしょうし、胸に響くことと思います。

 

4.坂村 真民

最後は、先月号にも登場した詩人・坂村真民先生です。

f:id:MrSaka:20200416220855p:plain

なんと、名前で検索すると顔写真よりも詩の方が多いです!

それもそのはず、先月号の特集に書かれていましたが、坂村先生は1万篇以上もの詩を書いたスーパー詩人ですから。

先月はこつこつと継続することの大切さを教えてくれました。

日々精進、日進月歩の気持ちで生きていきます。

スポンサーリンク

4人の共通点

・情熱の人

4人は、生涯を懸け自らを成長させようとしていた人たちです。

どのような人生を歩みたいかは人それぞれですが、何か人生に目標を持って生きていくことはとても大事だと思います。

何も考えていない人って、話してみたり、普段の暮らしっぷりを見ていると大体分かったりします。

人間的魅力に欠けるような気がします。

自分自身の人生の目標に対して、愚直に挑戦し続ける。

そんな生き方をしていきたいと今一度感じさせられました。

 

・人の心に火をつける

4人は、縁ある人の心に火をつけ、光を灯そうとしていた人たちです。

自分のことだけでなく、身の回りの人たちの生活や人生も良くさせたいと考えていたようです。

人の気持ちを震わせるには、言葉を投げかけるだけでは難しいです。

行動と実績が伴って初めて説得力が出てきます。

結局、人の心に火をつけるには、自分自身が成長していく必要があり、情熱を燃やし続けることが大事です。

いろいろと不安な世の中ですが、みんなで力を合わせていきましょう!

-------------------------

「今日が一番若い日!」でお馴染みの両学長の本です!
お金の勉強もしっかりして幸せをつかみ取りましょう!

 

こちらもCHECK

【致知】人間学を学ぶ月刊誌「致知」について

当ブログでは、致知出版社の月刊誌「致知」という雑誌を読んだ感想を月に一度書いています。 参考 今さらになりますが、この「致知」がどういった雑誌なのか?世の中でどう活用されているのか?なぜ僕が読んでいる ...

続きを見る

関連記事

致知

2020/11/28

【致知】2020年11月号「根を養う」を読んだ感想

致知2020年11月号のテーマは「根を養う」です。 特集に出てくる東井義雄(とうい よしお)氏の「高く伸びようとするには、まずしっかり根を張らねばならない。」という言葉がすべてを物語っていますが、自分はどう行動すべきかについて考えてみました。 スポンサーリンク 目次東井義雄氏とは?自分は何をすべきか?お金を稼ぐ力を鍛える!お金を育てる力を鍛える!まとめ 東井義雄氏とは? 1912年4月9日~1991年4月18日を生きた教育者、浄土真宗の僧侶です。 「日本一の貧乏寺に生まれた」と本人が語るほど貧乏な家庭に育 ...

ReadMore

致知

2021/10/7

【致知】2021年11月号「努力にまさる天才なし」を読んだ感想

致知2021年11月号の特集は「努力にまさる天才なし」です。 感想を書きます。 スポンサーリンク 目次天才とは?自分を振り返って凡人から天才になるには天才になる必要があるのか? 天才とは? 文中には天才についてこう書かれています。 天才は努力しなければならない環境を自ら創り出して努力することをやめない。 努力することが息をするのと同様になっている人を天才という。 一方で、努力しなくてもいい環境になると努力をやめてしまうのは凡才であるとも書かれています。 スポンサーリンク 自分を振り返って 僕自身を振り返っ ...

ReadMore

致知

2020/12/10

【致知】2021年1月号「運命をひらく」を読んだ感想

2021年1月号の致知のテーマは「運命をひらく」です。 「そもそも致知ってなんだ?」という方は下の記事を参考にしてください。 それでは、特集を読んで感じたことですが、 MrSaka二宮尊徳の言葉が至高! ということです。 スポンサーリンク その言葉というのは、特集の最後に紹介されていた言葉です。 我が道は至誠と実行のみ。 故に才智、弁舌を尊ばず。 至誠と実行を尊ぶなり。 およそ世の中の人は智あるも学あるも、 至誠と実行とにあらざれば事は成らぬものと知るべし。 日常ではあまり聞かない単語の意味を1つ1つ調べ ...

ReadMore

致知

致知

2022/6/5

【致知】2022年7月号「これでいいのか」を読んだ感想

2022年7月号のテーマは「これでいいのか」です。 特集ページの最後にあるように、日本が置かれている現状について「このままではいけない」ということが書かれています。 このようにテーマ名が問題提起の形になっているのは、これまで見たことがないような気がします。 スポンサーリンク 目次日本の現状人心の病み・衰弱とは?どうすべきか?1.洗脳2.転職3.副業 日本の現状 日本は今、内憂外患の時にあるとのことです。 内憂外患とは、内にも外にも問題を抱えているやっかいな状態を意味します。 特に問題とされているのは内憂の ...

ReadMore

致知

2021/11/7

【致知】2021年12月号「死中活あり」を読んだ感想

致知2021年12月号のテーマは「死中活あり」です。 この言葉は安岡正篤氏の「六中観」で挙げられている、6つの言葉の中の1つだそうです。 その意味や感じたことについて書いていきます。 スポンサーリンク 目次「死中活あり」とは?感想 「死中活あり」とは? 六中観の中の1つ、死中活ありは以下のような意味を持っています。 もう駄目だという状況の中にも必ず活路はある。 死中においても必ず活路を見出せるという、かなり前向きな言葉です。 この言葉以外の5つの言葉については、死中に活路を見出すために必要な要因としての位 ...

ReadMore

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.