Mr.Children Mr.Children

【Mr.Children】初心者向け!ギターで簡単に弾けるミスチルの曲をレベル別で紹介!最新版!

Mr.Childrenの曲の中で、比較的簡単に弾ける曲を紹介します。

ギターを始めたばかりの方は必見です。

名曲の中にもシンプルなコード進行の曲はたくさんあります。

好きな曲があれば是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

レベル1:超初心者向け

ギターを手に入れたばかりで、1曲まるまる弾けたことがないというぐらいの方の練習におすすめの曲です。

 

名もなき詩

超名曲でありながらコード自体は初心者におすすめできるぐらい簡単です。

逆に、簡単なコード進行であんなメロディーを作れるのがすごい、と思わされます。

ストロークのリズムは少し変わっているので、まずはコードを押さえて音を鳴らすことを意識しましょう。

また、最後まで弾くときは、ラストのサビで転調するので直前にカポタストを1フレットに付けると、1番2番と同じ押さえ方で弾くことができます。

カポ無しのままラストのサビまで弾くのは初心者には厳しいと思います。

実際、AAGツアーでは桜井さんも最後のサビでカポを装着して弾いていました。

そしてAAGツアーでは、出だしのGをGadd9で弾いているようです。

参考【Mr.Children】Against All GRAVITY Blu-ray/DVDの感想!(見どころ紹介)

昨日 Mr.Children Dome Tour 2019 "Against All GRAVITY" のBlu-rayを見ました。 リンク リンク   2019年のGWに札幌ドームに実際に ...

続きを見る

 

Everything(It's you)

イッツユーも名曲ですが、意外と簡単なコードが使われています。

名もなき詩と似たようなコードが使われているので併せて練習できると思います。

 

Your Song

アルバム「重力と呼吸」に収録されている、Your Songも簡単です。

ただし、簡単に弾くには1フレットにカポタストを付けなければなりません。

そんなに高価なものではないので、持っていない場合は是非とも購入しておきましょう。

いつかは必ず必要になります。

Kyser(カイザー)は見た目も機能性も兼ね備えていますし、なんと言っても桜井さんもバリバリ使っているのでおすすめです。

桜井和寿 アクセサリー
参考【Mr.Children】桜井和寿さん愛用のギターアクセサリーを紹介!

ミスチルの桜井さんがライブなどで愛用している、ギターアクセサリーを紹介します。 ↓↓ちなみに使用しているアコースティックギターに関する記事はこちらです。↓↓ スポンサーリンク 目次カポタスト1.Kys ...

続きを見る

 

ALIVE

サビが「C→G→F→G」の繰り返しのシンプルな曲です。

初心者にとっては鬼門となるFですが、綺麗に鳴らなくてもあまり気にせず、コードチェンジをスムーズにできるようにする練習を進めた方が良いと思います。

参考【Mr.Children】ミスチルの曲に出てくる色々な「花」

桜井さんは、ミスチルのほぼ全ての楽曲の作詞・作曲をしています。 ミスチルファンの方の多くは、桜井さんの書く歌詞に救われた経験をお持ちだと思いますが、その中でも花というワードが曲の中で印象的に使われてい ...

続きを見る

 

アルバム「SUPERMARKET FANTASY」に収録されている隠れ名曲ですが、使われているコードはとても簡単です。

この曲が好きな方は是非挑戦しましょう。

 

Surrender

ブラオレツアーでアコギを掻き鳴らしながら、桜井さんと田原さんの2人で演奏していたのが印象的です。

コード自体は簡単ですが、桜井さんのようにカッコよく弾くにはハンマリングなどの技術を駆使する必要があります。

参考【Mr.Children】ライブアレンジが最高の5曲!(その3)

必見・必聴ライブアレンジ第3弾です。 スポンサーリンク 目次くるみ365日Any君が好きSurrender(最後に) くるみ 名曲くるみですが、「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 ...

続きを見る

 

車の中でかくれてキスをしよう

ミスチル初期のラブソングです。

アルペジオの練習にも良いと思います。

コブクロの小渕さんが、この曲のイントロが衝撃的だったと言っていました。

 

FIGHT CLUB

アルバム「REFLECTION」収録のノリノリ曲です。

コードは簡単なので、1カポでジャカジャカ弾けるようになりたいですね。

ただし、Cメロは少し難しいです。

 

LOVEはじめました

原曲どおりのストロークでやろうとするとリズムが速く手数も多いので、初心者には難しいと思います。

しかし、この曲にはバレーコードがありませんので、まずはストロークやリズムは無視してコードを弾く練習をしましょう。

参考【Mr.Children】ライブアレンジが最高の6曲!(その2)

ライブアレンジによってレベルアップした曲・第2弾です。 関連記事 スポンサーリンク 目次天頂バス優しい歌ラララfantasy忘れ得ぬ人LOVEはじめました(最後に) 天頂バス アルバム「シフクノオト」 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

レベル2:初心者向け

レベル1をなんとなくクリアできたという方はレベル2へ進みましょう。

おそらく、基本的なGやCはもちろんのこと、FやBなどのバレーコードもなんとなく大丈夫で、コードチェンジもある程度できるようになっていると思います。

 

彩り

働くすべての人に聴いてほしい彩りも割と簡単です。

名もなき詩が弾けるとおそらくすぐ弾けるので、限りなくレベル1に近いと思います。

Mr.Children 彩り
参考【Mr.Children】「彩り」を聴いて気付いた、自分に合う仕事とは?

2007年に発売されたMr.Childrenのアルバム「HOME」に「彩り」という曲が収録されています。 アルバム全体に日常感が漂っており僕はとても好きですが、このアルバムを最も象徴している曲として挙 ...

続きを見る

 

しるし

壮大なバラード曲で、アコギが合います。

コードチェンジが多いですが、スローテンポな曲ですしコードチェンジしやすいコード進行なのでおすすめです。

最初は1カポですが、最後のサビの手前で2カポにチェンジしましょう。

 

つよがり

続いても名バラード曲です。

しるし同様に、コードチェンジは多いですが、比較的コードチェンジしやすいです。

 

君がいた夏

ミスチルのデビュー曲です。

この曲も名もなき詩ができるようになるとすぐいけると思います。

 

ヒカリノアトリエ

ポケットサイズのメッセージソング、ヒカリノアトリエもアコギにピッタリの曲です。

G#m7-5やF#m7-5など変わったコードが出てくるのでレベル2にしましたが、慣れていれば簡単に弾けると思います。

 

Forever

5カポが簡単です。

コードチェンジが多いですが、ゆったりとした曲なのでなんとかいけると思います。

転調すると結構大変になります。

 

Mirror

コード自体は簡単なものが多いですが、GonF(G/F)やFonG(F/G)がポイントになります。

これらを難なく押さえられるのであれば、脱・初心者は近いです。

 

hypnosis

ラストのサビで転調してから難易度は上がりますが、名もなき詩やForeverほどは難しくなりません。

是非とも最後までチャレンジしてほしいです。

 

ロードムービー

桜井さんが大好きというこの曲はレベル2の卒業にちょうど良いレベルのように思います。

音源と同じテンポは難しいかもしれませんので、少しゆっくりめのテンポからチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

レベル3:脱・初心者向け

レベル2をクリアすると一気に伸びる時期です。

バレーコードをしっかりと鳴らせるようになっても、連続で出てきたり、少し複雑なコードが出てくると戸惑ったり、また、コードチェンジが多いと忙しくなったりすることはあるかもしれませんが、もう初心者とは言わせないぐらいの実力と言ってもいいのではないでしょうか。

レベル3は有名曲の中から紹介します。

 

HANABI

ミスチルの中で弾き語りしたい曲人気ナンバーワンです。

コード自体はそれほど難しくはないですが、コードチェンジの多さとストロークがポイントです。

MVのようにジャカジャカと弾いてみましょう。

 

花 -Memento-Mori-

ところどころバレーコードが連続して出てきます。

こちらもMVのように屋外で気持ちよく弾いてみたいです。

参考【Mr.Children】ミスチルの曲に出てくる色々な「花」

桜井さんは、ミスチルのほぼ全ての楽曲の作詞・作曲をしています。 ミスチルファンの方の多くは、桜井さんの書く歌詞に救われた経験をお持ちだと思いますが、その中でも花というワードが曲の中で印象的に使われてい ...

続きを見る

 

タガタメ

レベル2にするか悩みましたが、Bm7が繰り返し出るということでレベル3にしました。

レベル3へステップアップしてからまずはトライしてみてはいかがでしょうか。

 

CROSS ROAD

初めてミリオンセラーとなった曲です。

「F#m7→Bm7」や「Bsus4→B」といった同じフレットでセーハしたままコードチェンジするところがあります。

参考【Mr.Children】ライブアレンジが最高の5曲!(その1)

Mr.Childrenの曲はCDで聴くだけでもとても心に響いたり、テンションが上がったりするものですが、ライブでのアレンジによりクオリティが抜群にアップした曲がたくさんあります。 一度に書くと長くなる ...

続きを見る

 

くるみ

1番、2番はそれほど難しくはないのですが、最後のサビで転調してからが大変です。

MVのおじさんみたいに軽快に弾けるまで挑戦です。

参考【Mr.Children】ライブアレンジが最高の5曲!(その3)

必見・必聴ライブアレンジ第3弾です。 スポンサーリンク 目次くるみ365日Any君が好きSurrender(最後に) くるみ 名曲くるみですが、「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 ...

続きを見る

 

常套句

ポップザウルス2012で桜井さんが未発表曲としてちょこっと弾き語りをしていました。

そこはそれほど難しくないですが、Cメロに珍しいコードが連続して出てきます。

上級者へステップアップするには、珍しいコードが出てきても慌てずに対応できる力も必要です。

 

終わりなき旅

エレキギターでガンガン弾くのが気持ちいいですが、アコギでも十分雰囲気は出ます。

1番2番のサビは比較的簡単ですが、AメロやBメロは4フレットへの移動があり、バレーコードをサッと押さえられないとキレイには音が出ないでしょう。

Cメロ後のサビから2回転調するので、キー上げとそれに伴うコード変化の良いお勉強になると思います。

参考【Mr.Children】ライブアレンジが最高の5曲!(その1)

Mr.Childrenの曲はCDで聴くだけでもとても心に響いたり、テンションが上がったりするものですが、ライブでのアレンジによりクオリティが抜群にアップした曲がたくさんあります。 一度に書くと長くなる ...

続きを見る

 

【es】~Theme of es~

イントロからアコギのEが響くので、真似して弾いてみたくなります。

が、弾き始めてみると結構難易度が高いことに気付くと思います。

「bridge」という雑誌の2006年2月号で、桜井さんとレミオロメン藤巻さんの対談があり、そこで藤巻さんは「【es】が好きだったけどコードがいっぱい動いてて難しかったです」と言っていて、それに対して桜井さんも「そうですよね。難しいですよね。」と返事をしていました。

なので、この曲をスッと弾けると自信を持ってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ワンポイントアドバイス!

最初はバレーコードは無視!

ギターを始めたばかりのときは、Fなどのバレーコードでつまづく方が多いですが、諦めずにとりあえず1曲をやり遂げるように弾きまくりましょう。

最初は綺麗な音が出なくても大丈夫です。

いつか自然と弾けるようになっています。

 

最初から押さえ方を覚えなくて良い!

コード1つ1つの押さえ方を覚えるのは後回しにしてもいいです。

まずは、押さえ方のイラスト付きのコード譜を見て、押さえ方とコードチェンジに慣れていきましょう。

 

オススメのサイトは?

無料なら・・・

無料サイトはU-フレットが押さえ方も表示されていてオススメです。

Mr.Children - ギターコード/ウクレレ/ピアノ/バンドスコア見放題 U-フレット

スマホ用アプリもありますし、パソコンでもスマホでも画面の自動スクロール機能がついているため、わざわざギターから手を放さなくてもコードを追っていけます。

 

有料でも良ければ・・・

書き込みをしたり、持ち運びにも便利なのはやはり紙ですね。

ヤマハのぷりんと楽譜は好きな曲の楽譜を1曲から購入でき、すぐに印刷することも可能です。(無料サイトU-フレットは印刷できません。)

また、ギター譜だけでなくバンドスコアなども難易度別に取り揃えているので、どんな方でも満足するはずです。

 

次へのステップは?

今回紹介したレベル3まで弾けるようになると、ミスチルの曲であれば大体の曲を弾けるようになっていると思います。

他のアーティストの曲にもどんどん挑戦して、いろいろなパターンの曲を弾いてみること、それと同時に、コードの押さえ方も覚えてしまいたいですね。

参考【Mr.Children】 桜井和寿さんの所有しているアコースティックギターを紹介!

憧れのミュージシャンと同じ機材を使うのって憧れますよね。 Mr.Children 桜井和寿さんが使用しているアコギを調べました。 スポンサーリンク 目次Martin(マーチン)D-28D-45Gibs ...

続きを見る

桜井和寿 アクセサリー
参考【Mr.Children】桜井和寿さん愛用のギターアクセサリーを紹介!

ミスチルの桜井さんがライブなどで愛用している、ギターアクセサリーを紹介します。 ↓↓ちなみに使用しているアコースティックギターに関する記事はこちらです。↓↓ スポンサーリンク 目次カポタスト1.Kys ...

続きを見る

-Mr.Children, Mr.Children

Copyright© 終わりなきBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.