致知

【致知】2020年9月号「人間を磨く」を読んだ感想

致知2020年9月号のテーマは「人間を磨く」です。

毎度毎度よく使われているような言葉ですが、ついにテーマになりました。

・・・いや、調べてみると2010年11月号でもテーマになっていたようです。

MrSaka
MrSaka
ついにネタ切れか!?

それは置いといて、特集の感想を書きます。

自分を磨く方法

自分を磨く方法として、以下の4つのポイントが紹介されていました。

  1. 古今の師に学ぶ
  2. 仕事に打ち込む
  3. 意識を高める
  4. へこたれない

個人的には2と3が考えさせられたポイントです。

 

仕事に打ち込む

先月号のテーマとしても登場した鈴木大拙の言葉が紹介されていますが、その中から一部抜粋します。

元来生きるというのは動くこと、人間にあっては働くことです。

ですから、働くことが自利利他の原動力なのです。

とりあえず働け、仕事をしろ、と書かれているみたいでため息が出そうですが、そこは捉え方次第だと思います。

「働くこと、仕事をすること=労働」と考えるからしんどいのです。

サラリーマンになって、やりたくもないことをやってお金をもらうことだけが仕事ではありません。

「働くこと、仕事をすること=お金を稼ぐこと」と捉え、どうすればお金を稼ぐことができるかを考えると、やはり人の役に立つことが大事です。

大金持ちになった起業家、スポーツ選手、ミュージシャン、芸術家、作家などというのは、人を喜ばせたり、感動させたり、興奮させたり、色々な形で人々の役に立っています。

「お金持ちになりたい!」という一見下心丸出しの欲望も、結局人の役に立つことに繋がるのであれば、その思いというのは人間を磨くための立派なきっかけの1つに違いないと思います。

何も行動せずに会社に勤めて、ストレスを抱えて愚痴ばかり言っている人に何の魅力も感じません。

まずはしっかりと「仕事」をして、会社に頼らずお金を稼げるようになることで、人間を磨くと同時に経済的自由も手に入れることができるのです。

 

意識を高める

松下幸之助の言葉が紹介されています。

君らの立場は新入社員や。

しかし、意識は社長になれ。

これまでにも致知か何かで何度か出てきたのを見たような気がします。

会社で働く中ではこの考え方が重要なのは分かるのですが、問題なのは自分がやっている仕事を好きになれないとこの意識も持てないことです。

たとえパナソニックのような大きな会社に就職できても、自分がやっている仕事を好きになれないのであれば、とっとと辞めてしまった方が精神的に良いです。

そこに勤務する時間も無駄です。

自分はどういったことが得意なのか好きなのか、どんな仕事や会社ならストレスなく続けられるのか、この会社に入った目的は何か、などを常に考え、理想に向かって行動していくべきです。

最高なのは、意識だけでなく本当に社長になってしまうことです。

意識を高めることも仕事に打ち込むこともできます。

 

まとめ

常に自分の働き方を見直し、理想を追い求めましょう!

その努力が人間を磨く!

 

まずはゼロ円から始められる副業にでも挑戦して、自分自身で稼ぐことの面白さや普段会社では得られない仕事の楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。

リスクはほぼゼロ、稼げたらラッキー、自らのビジネスにできたら最高です。

 

関連記事

資産運用

【資産運用】副業を始めたい方必見!リスクを抑えて副業を始める方法!

2020/8/29  

資産運用においては、「お金に関する5つの力」が重要だと言われています。(両学長より) メモ 貯める力・・・支出を減らす 稼ぐ力・・・収入を増やす 増やす力・・・資産を増やす 守る力・・・資産を減らさな ...

 

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.