致知

【致知】2021年1月号「運命をひらく」を読んだ感想

2021年1月号の致知のテーマは「運命をひらく」です。

「そもそも致知ってなんだ?」という方は下の記事を参考にしてください。

参考【致知】人間学を学ぶ月刊誌「致知」について

当ブログでは、致知出版社の月刊誌「致知」という雑誌を読んだ感想を月に一度書いています。 参考 今さらになりますが、この「致知」がどういった雑誌なのか?世の中でどう活用されているのか?なぜ僕が読んでいる ...

続きを見る

それでは、特集を読んで感じたことですが、

MrSaka
MrSaka
二宮尊徳の言葉が至高!

ということです。

スポンサーリンク

その言葉というのは、特集の最後に紹介されていた言葉です。

我が道は至誠と実行のみ。

故に才智、弁舌を尊ばず。

至誠と実行を尊ぶなり。

およそ世の中の人は智あるも学あるも、

至誠と実行とにあらざれば事は成らぬものと知るべし。

日常ではあまり聞かない単語の意味を1つ1つ調べてみました。

メモ

至誠(しせい):きわめて誠実なこと。まごころ。

才智(さいち):才能と知恵。

弁舌(べんぜつ):ものを言うこと。ものの言い方。

これを踏まえて勝手に解釈して「いくら知識があっても行動しなきゃ意味ないぜ」というふうに受け止めました。

同じようなことを色々な人が言ってきたかもしれませんが、4歳の頃から幾多の試練を乗り越えてきた人が発する言葉は一段と重みが違いますね。

でもやっぱりよく言われることだけあって、行動力が大事だというのは僕も共感できます。

仕事にしたって「あの上司が嫌いだ」「会社に行くのがツラい」「社長の方針についていけない」などSNSでもよく見かけますが、

MrSaka
MrSaka
だったら辞めたらいいのに。

と思うのです。

嫌なことに耐えながら給料をもらうより、ストレスの少ないところでお金を貰える方が人生楽しいものです。

それでも、「転職して給料が下がったらどうしよう」「次の職場でも嫌な上司がいたらどうしよう」などなど嫌なことばかりを考えては結局現状で我慢している人が多いこと多いこと。

考えても仕方がないことなのに本当にくだらないと思います。

給料が下がることが怖ければ、給料が上がるようにスキルアップしてお仕事を探すなり、副業を始めてみるなりすればいいです。

人間関係が怖ければ、従業員の少ない会社に転職するなり、少しハードルは高いですが自分自身でお金を稼ぐなりすればいいです。

ストレスから解放されるには、ストレスの原因となっていることを捉えて、それを取り除くように行動するしかありません。

スポンサーリンク

僕の場合は、楽しくない仕事を続けるのが苦痛だったので転職しました

こちらもCHECK

【資産運用】勤続11年の30代中小企業サラリーマンが退職を決めた4つの理由と仕事選びのポイントについて考えてみた!

僕は、2009年に某中小企業(製造業)に新卒で就職しました。 勤続11年半、役職も付いていましたが退職することにしました。 退職を決めた理由と、ではどうやって仕事を選ぶべきかについて考えてみました。 ...

続きを見る

でも、年収が減る可能性もあったので転職するより先に副業を始めました

こちらもCHECK

【資産運用】副業を始めたい方必見!リスクを抑えて副業を始める方法!

資産運用においては、「お金に関する5つの力」が重要だと言われています。(両学長より) メモ 貯める力・・・支出を減らす 稼ぐ力・・・収入を増やす 増やす力・・・資産を増やす 守る力・・・資産を減らさな ...

続きを見る

そして、そういった行動を起こすことを後押ししてくれたのは堀江貴文さんの本でした。

こちらもCHECK

【雑記】付き合うと損する人の特徴5選!バカとつき合うな!

ホリエモンこと堀江貴文さんが、キングコング・西野亮廣さんと共作で書いた「バカとつき合うな」という本があります。 リンク   付き合うべきでないバカの特徴をいくつも挙げていくだけなのですが、最 ...

続きを見る

こちらもCHECK

【雑記】人生を豊かにするためには「多動力」を身に付けるべき!

堀江貴文さんの「多動力」という本を読みました。 リンク   初めて読んだ堀江さんの本は「バカと付き合うな」でしたが、とても面白い内容だったので違う作品も読んでみようと思い、代表作である「多 ...

続きを見る

常に今の生き方で自分が満足しているかどうかを振り返りながら軌道修正していくことで成長するものだと思いますし、それが「運命をひらく」ということだと思います。

人生は永遠に続くものではないです。

かと言って、いつ終わってしまうかも分かりません。

時間を有意義に活用して生きていきたいです。

関連記事

致知 感想

致知

2022/3/7

【致知】2022年4月号「山上 山また山」を読んだ感想

致知2022年4月号のテーマは「山上 山また山」です。 それでは、特集を読んだ感想を書きます。 スポンサーリンク 目次「山上 山また山」とは...印象に残った言葉1.死ぬ間際まで~2.息をひきとる~3.一生自己を~感想 「山上 山また山」とは... 1つ山を登れば、彼方にまた大きな山が控えている。 それをまた登ろうとする。 力尽きるまで。 人生を山に例えた言葉です。 生きていくことは山を越えていくこと、死ぬまで努力を怠らないことを表現していると思われます。 スポンサーリンク 印象に残った言葉 いくつかの言 ...

ReadMore

致知

致知

2022/6/5

【致知】2022年7月号「これでいいのか」を読んだ感想

2022年7月号のテーマは「これでいいのか」です。 特集ページの最後にあるように、日本が置かれている現状について「このままではいけない」ということが書かれています。 このようにテーマ名が問題提起の形になっているのは、これまで見たことがないような気がします。 スポンサーリンク 目次日本の現状人心の病み・衰弱とは?どうすべきか?1.洗脳2.転職3.副業 日本の現状 日本は今、内憂外患の時にあるとのことです。 内憂外患とは、内にも外にも問題を抱えているやっかいな状態を意味します。 特に問題とされているのは内憂の ...

ReadMore

致知

2021/3/6

【致知】まさかの長渕剛さん登場!心に残っている言葉とは?

致知2021年4月号の表紙を見て驚きました。 なぜならそこには「シンガーソングライター 長渕剛」と書かれていたからです。 以前、関ジャニ∞・村上信五さんが登場したことがあり、その時ぐらいの驚きがありました。 こちらもCHECK さて、長渕剛さんは意外にも(?)偉大なる経営者・稲盛和夫氏と深い交流があるそうです。 稲盛氏といえば、数々の名言を残していることでも有名ですが、長渕さんは直接稲盛氏の口から名言を聞いてきて生き方に大きな影響を受けたようです。 それでは、長渕さんが思い出に残っている稲盛氏の言葉とは一 ...

ReadMore

致知 感想

致知

2022/5/10

【致知】2022年6月号「伝承する」を読んだ感想

致知2022年6月号のテーマは「伝承する」です。 特集を読んで気になったところを2箇所挙げます。 スポンサーリンク 目次1.片川儀治さんの手紙より2.安岡正篤師の言葉よりテーマについて 1.片川儀治さんの手紙より きっと夢も志もなく、 ただ生活費を稼ぐために働いたり、 一時の快楽を求めるような人生になっていた 致知と出会ったことで仕事に対する意識が変わったとのことです。 僕も社会人になってから10年ぐらいは、昔の片川さんのようにダラダラと働いていましたが、副業や転職を経て仕事に対する考え方が変わりました。 ...

ReadMore

致知

2020/11/28

【致知】2020年5月号「先達に学ぶ」を読んだ感想

致知5月号(2020年)のテーマは「先達に学ぶ」です。 4人の偉大な先人が登場します。 安岡 正篤(やすおか まさひろ) 森 信三(もり のぶぞう) 平澤 興(ひらさわ こう) 坂村 真民(さかむら しんみん) 致知ではお馴染みです。 スポンサーリンク 目次先達とは?4人の先達1.安岡 正篤2.森 信三3.平澤 興4.坂村 真民4人の共通点・情熱の人・人の心に火をつける 先達とは? 先達(せんだつ)という言葉は、致知ではよく出てきますが、普段なかなか聞くことはありません。 先達:先に道に達し、導きをする人 ...

ReadMore

 

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.