致知

【致知】2020年3月号「意志あるところ道はひらく」を読んだ感想

胡散臭いタイトルですみません。

さて、「致知(ちち)」という雑誌をご存じでしょうか。

致知出版社( 人間学を探究して四十二年|致知出版社)が「人間力を学べる月刊誌」として発行している雑誌です。

稲盛和夫さんなど有名企業のお偉いさんたちが武勇伝を語って、「みんなも頑張ろうぜ」みたいな自己啓発的な内容になっています。

ただ、正直ちょっと宗教じみた臭いも少しだけします。

 

僕の会社では、毎月配られ感想文を書くことになっています。

毎月大体似たような感想になってしまうのですが、2020年3月号は個人的に少し心に響いた内容があったので、紹介します。

 

2020年3月号テーマ

テーマは「意志あるところ道はひらく」です。

この記事のタイトルにしていますが、分かりやすいテーマです。

 

内容

エピソード:玄奘三蔵

唐時代の中国の僧の話です。

    1. 馬の背に1000里(約4000キロ)分の水を載せて、ゴビ砂漠をインドに向かう。
    2. 「100里先に水飲み場があるからそこで水を補給すればいい」と聞いて歩き続けたが見当たらず、仕方なく持参した水を飲もうとして全てひっくり返してしまう。
    3. 水を補給するために来た道を引き返そうとした。
    4. その時、自分の内から声が聞こえた。「お前は願を立てて誓った。【どんなことがあろうともインドへ行く。途中で死んでも構わない】と。それなのに国に戻ろうとしている。それでいいのか?」
    5. 再びインドを目指すことを決めた。
    6. 四晩五日、一滴の水も口にしなかった玄奘はついに倒れ立ち上がれなくなる。
    7. その夜中、朦朧とした夢の中に現れた一大神に「なぜ起きない。なぜ眠っているのか」と言われ、玄奘は立ち上がり、再び歩き出す。
    8. しかし、馬は反対方向に進もうとするため、やむなく馬の進みにまかせることに。
    9. しばらく行くと、小さな草原ときれいな水が湧き出る池を発見し、玄奘と馬はむさぼるように水を飲んだ。
    10. 玄奘は、人の至誠は必ず神に通ずるのだと天を仰いだ。

そんなことがあるんでしょうか。

まぁ本当の話かどうかは置いといて、死ぬ気で努力をすることの大切さを学べますね。

 

「天は無心のところについてその衷をひらく」

東洋古典「菜根譚(さいこんたん)」に書かれている言葉だそうです。

【解説】
天は、1つの目標に向けて意志を固め、無心に努力する者に、 
その真心をひらいて導いてくれる。

 

この言葉を読んでいいなと思いました。

いつもなら仕事に照らし合わせて色々と考えてみるのですが、今回は違いました。

2月に始めたばかりのブログのことをイメージしました。

無心に努力することでいつか花が咲く。

そう信じてやる気が出てきました。

 

意志を強く持つことの大事さ

松下幸之助が説いた言葉が書かれていました。

「難しいことだけれどやろうじゃないか」

ということを言い続け、そして実際にやる努力を続けていけば

必ず事は成る。

「もうできないだろう」

とさじを投げたら、永遠にできない。

さすがカリスマです。

ブログはまだまだ始めたばかりですが、どんどん成果が上がるように、継続していきます。

難しいことだけれどやろうじゃないか!

 

まとめ

何をするにもとにかく努力を継続する。

自分で決めた目標に対してぶれることなく継続する。

「継続は力なり」

これが大事です。

 

生きていく上では、お金は欠かせません。

お金に困らない人生を歩むために、マネーリテラシーを向上させましょう。

YouTubeやTwitterで大人気の両学長が書いた本です。

これを読めば、自信がつきます。オススメです。

 

参考【致知】人間学を学ぶ月刊誌「致知」について

当ブログでは、致知出版社の月刊誌「致知」という雑誌を読んだ感想を月に一度書いています。 参考 今さらになりますが、この「致知」がどういった雑誌なのか?世の中でどう活用されているのか?なぜ僕が読んでいる ...

続きを見る

関連記事

致知 感想

致知

2022/3/7

【致知】2022年4月号「山上 山また山」を読んだ感想

致知2022年4月号のテーマは「山上 山また山」です。 それでは、特集を読んだ感想を書きます。 スポンサーリンク 目次「山上 山また山」とは...印象に残った言葉1.死ぬ間際まで~2.息をひきとる~3.一生自己を~感想 「山上 山また山」とは... 1つ山を登れば、彼方にまた大きな山が控えている。 それをまた登ろうとする。 力尽きるまで。 人生を山に例えた言葉です。 生きていくことは山を越えていくこと、死ぬまで努力を怠らないことを表現していると思われます。 スポンサーリンク 印象に残った言葉 いくつかの言 ...

ReadMore

致知

2022/1/6

【致知】2020年3月号「意志あるところ道はひらく」を読んだ感想

胡散臭いタイトルですみません。 さて、「致知(ちち)」という雑誌をご存じでしょうか。 致知出版社( 人間学を探究して四十二年|致知出版社)が「人間力を学べる月刊誌」として発行している雑誌です。 稲盛和夫さんなど有名企業のお偉いさんたちが武勇伝を語って、「みんなも頑張ろうぜ」みたいな自己啓発的な内容になっています。 ただ、正直ちょっと宗教じみた臭いも少しだけします。   僕の会社では、毎月配られ感想文を書くことになっています。 毎月大体似たような感想になってしまうのですが、2020年3月号は個人的 ...

ReadMore

致知

2021/12/6

【致知】2022年1月号「人生、一誠に帰す」を読んだ感想

致知2022年1月号のテーマは「人生、一誠に帰す」です。 スポンサーリンク 「力の強さを誇る人は力に倒れ、知識や技術に優れた人はそのことに溺れてしまう。そうではなくて、どんな時でも誠を尽くすことが大事」といった意味があるそうです。 ここでいう誠とは、誠実さを意味します。 今一度「誠実」の意味を確認すると、 誠実=私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。 と、goo国語辞典に書かれています。 スポンサーリンク ここで僕は少しドキッとしました。 最近、職場の人や友人数名に「自分の損得で行動するよ ...

ReadMore

致知

2020/12/10

【致知】2021年1月号「運命をひらく」を読んだ感想

2021年1月号の致知のテーマは「運命をひらく」です。 「そもそも致知ってなんだ?」という方は下の記事を参考にしてください。 それでは、特集を読んで感じたことですが、 MrSaka二宮尊徳の言葉が至高! ということです。 スポンサーリンク その言葉というのは、特集の最後に紹介されていた言葉です。 我が道は至誠と実行のみ。 故に才智、弁舌を尊ばず。 至誠と実行を尊ぶなり。 およそ世の中の人は智あるも学あるも、 至誠と実行とにあらざれば事は成らぬものと知るべし。 日常ではあまり聞かない単語の意味を1つ1つ調べ ...

ReadMore

致知

2020/11/28

【致知】2020年10月号「人生は常にこれから」を読んだ感想

僕は、テーマになっている「人生は常にこれから」という言葉はとても好きです。 特集では、そのテーマにちなんだ何名かの偉人さんたちの名言が取り上げられています。 僕が連想して思い出した好きな言葉と合わせて紹介します。 スポンサーリンク 目次小篠綾子世阿弥平澤興連想して思い出した言葉①連想して思い出した言葉②まとめ 小篠綾子 私の人生はこれからや 小篠綾子(こしの あやこ)さんというのは、世界的デザイナー・コシノジュンコさんのお母さんです。 テーマの言葉ほぼそのままですが、ストレートな言葉は心に響きますね。 小 ...

ReadMore

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.