致知

【致知】2020年3月号「意志あるところ道はひらく」を読んだ感想

胡散臭いタイトルですみません。

さて、「致知(ちち)」という雑誌をご存じでしょうか。

致知出版社( 人間学を探究して四十二年|致知出版社)が「人間力を学べる月刊誌」として発行している雑誌です。

稲盛和夫さんなど有名企業のお偉いさんたちが武勇伝を語って、「みんなも頑張ろうぜ」みたいな自己啓発的な内容になっています。

ただ、正直ちょっと宗教じみた臭いも少しだけします。

 

僕の会社では、毎月配られ感想文を書くことになっています。

毎月大体似たような感想になってしまうのですが、2020年3月号は個人的に少し心に響いた内容があったので、紹介します。

 

2020年3月号テーマ

テーマは「意志あるところ道はひらく」です。

この記事のタイトルにしていますが、分かりやすいテーマです。

 

内容

エピソード:玄奘三蔵

唐時代の中国の僧の話です。

    1. 馬の背に1000里(約4000キロ)分の水を載せて、ゴビ砂漠をインドに向かう。
    2. 「100里先に水飲み場があるからそこで水を補給すればいい」と聞いて歩き続けたが見当たらず、仕方なく持参した水を飲もうとして全てひっくり返してしまう。
    3. 水を補給するために来た道を引き返そうとした。
    4. その時、自分の内から声が聞こえた。「お前は願を立てて誓った。【どんなことがあろうともインドへ行く。途中で死んでも構わない】と。それなのに国に戻ろうとしている。それでいいのか?」
    5. 再びインドを目指すことを決めた。
    6. 四晩五日、一滴の水も口にしなかった玄奘はついに倒れ立ち上がれなくなる。
    7. その夜中、朦朧とした夢の中に現れた一大神に「なぜ起きない。なぜ眠っているのか」と言われ、玄奘は立ち上がり、再び歩き出す。
    8. しかし、馬は反対方向に進もうとするため、やむなく馬の進みにまかせることに。
    9. しばらく行くと、小さな草原ときれいな水が湧き出る池を発見し、玄奘と馬はむさぼるように水を飲んだ。
    10. 玄奘は、人の至誠は必ず神に通ずるのだと天を仰いだ。

そんなことがあるんでしょうか。

まぁ本当の話かどうかは置いといて、死ぬ気で努力をすることの大切さを学べますね。

 

「天は無心のところについてその衷をひらく」

東洋古典「菜根譚(さいこんたん)」に書かれている言葉だそうです。

【解説】
天は、1つの目標に向けて意志を固め、無心に努力する者に、 
その真心をひらいて導いてくれる。

 

この言葉を読んでいいなと思いました。

いつもなら仕事に照らし合わせて色々と考えてみるのですが、今回は違いました。

2月に始めたばかりのブログのことをイメージしました。

無心に努力することでいつか花が咲く。

そう信じてやる気が出てきました。

 

意志を強く持つことの大事さ

松下幸之助が説いた言葉が書かれていました。

「難しいことだけれどやろうじゃないか」

ということを言い続け、そして実際にやる努力を続けていけば

必ず事は成る。

「もうできないだろう」

とさじを投げたら、永遠にできない。

さすがカリスマです。

ブログはまだまだ始めたばかりですが、どんどん成果が上がるように、継続していきます。

難しいことだけれどやろうじゃないか!

 

まとめ

何をするにもとにかく努力を継続する。

自分で決めた目標に対してぶれることなく継続する。

「継続は力なり」

これが大事です。

 

生きていく上では、お金は欠かせません。

お金に困らない人生を歩むために、マネーリテラシーを向上させましょう。

YouTubeやTwitterで大人気の両学長が書いた本です。

これを読めば、自信がつきます。オススメです。

 

参考【致知】人間学を学ぶ月刊誌「致知」について

当ブログでは、致知出版社の月刊誌「致知」という雑誌を読んだ感想を月に一度書いています。 参考 今さらになりますが、この「致知」がどういった雑誌なのか?世の中でどう活用されているのか?なぜ僕が読んでいる ...

続きを見る

関連記事

致知 感想

致知

2022/5/10

【致知】2022年6月号「伝承する」を読んだ感想

致知2022年6月号のテーマは「伝承する」です。 特集を読んで気になったところを2箇所挙げます。 スポンサーリンク 目次1.片川儀治さんの手紙より2.安岡正篤師の言葉よりテーマについて 1.片川儀治さんの手紙より きっと夢も志もなく、 ただ生活費を稼ぐために働いたり、 一時の快楽を求めるような人生になっていた 致知と出会ったことで仕事に対する意識が変わったとのことです。 僕も社会人になってから10年ぐらいは、昔の片川さんのようにダラダラと働いていましたが、副業や転職を経て仕事に対する考え方が変わりました。 ...

ReadMore

致知

2021/11/7

【致知】2021年12月号「死中活あり」を読んだ感想

致知2021年12月号のテーマは「死中活あり」です。 この言葉は安岡正篤氏の「六中観」で挙げられている、6つの言葉の中の1つだそうです。 その意味や感じたことについて書いていきます。 スポンサーリンク 目次「死中活あり」とは?感想 「死中活あり」とは? 六中観の中の1つ、死中活ありは以下のような意味を持っています。 もう駄目だという状況の中にも必ず活路はある。 死中においても必ず活路を見出せるという、かなり前向きな言葉です。 この言葉以外の5つの言葉については、死中に活路を見出すために必要な要因としての位 ...

ReadMore

致知

2021/7/5

【致知】2021年8月号「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」を読んだ感想

2021年8月号のテーマは「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」となっています。 特集には、松下幸之助、稲盛和夫、坂村真民といった、そうそうたる面々がコツコツと積み重ねることの大事さを説いています。 スポンサーリンク この言葉には3回の「積み重ね」が使われていますが、個人的には2回目の「積み重ねても」というのがポイントのような気がします。 仕事、勉強、趣味・特技、資産形成など、何においてもゴールや終わりと言える到達点はないように思います。 というより、到達したと思うことで自分自身の成長を止めてしまうこと ...

ReadMore

致知

2021/2/4

【致知】2021年3月号「名作に心を洗う」を読んだ感想

2021年3月号の致知のテーマは「名作に心を洗う」です。 それでは内容と感想を書きます。 スポンサーリンク 目次「名作」とは!?エピソード①エピソード②感じたこと・・・ 「名作」とは!? テーマを読んで、 MrSaka名作か~。 そうだね~、素敵な曲を聴いたり、素敵な本を読んだり、素敵な絵画を見ていると心が洗われるよね~。 とか思うかもしれませんが、そんなんじゃないです。 ここで言う「名作」というのは、2020年11月に致知出版社から出版され、多くの人々を感動の渦に巻き込んだ「1日1話、読めば心が熱くなる ...

ReadMore

致知

2021/3/6

【致知】まさかの長渕剛さん登場!心に残っている言葉とは?

致知2021年4月号の表紙を見て驚きました。 なぜならそこには「シンガーソングライター 長渕剛」と書かれていたからです。 以前、関ジャニ∞・村上信五さんが登場したことがあり、その時ぐらいの驚きがありました。 こちらもCHECK さて、長渕剛さんは意外にも(?)偉大なる経営者・稲盛和夫氏と深い交流があるそうです。 稲盛氏といえば、数々の名言を残していることでも有名ですが、長渕さんは直接稲盛氏の口から名言を聞いてきて生き方に大きな影響を受けたようです。 それでは、長渕さんが思い出に残っている稲盛氏の言葉とは一 ...

ReadMore

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.