致知

【致知】2020年7月号「百折不撓」を読んだ感想

致知・2020年7月号のテーマは「百折不撓」です。

「ひゃくせつふとう」と読みます。

先月号は「鞠躬尽力(きっきゅうじんりょく)」でしたので、2ヶ月連続で漢字4文字、そしてパッと見て意味がよく分からないテーマが続いています。

スポンサーリンク

「百折不撓」の意味

百折不撓

・幾度失敗しても志を曲げないこと

・どんな困難にも臆せず、初めの意志を貫くこと

 

これは投資の世界ではとても大切な意識ではないでしょうか。

MrSaka
MrSaka
投資に限った話ではないですが、僕はあまり本業に本気ではないので今回は投資家目線での感想文になりそうです。

 

感想

1.新型コロナウイルス禍から学んだこと

文中には、新型コロナウイルスが世界に与えている影響について書かれています。

この先どうなるのか全く分からない状況になっていますが、100年前のスペイン風邪でさえ人類は乗り越えてきました。

新型コロナウイルスにもきっと打ち勝つでしょう。

それを示すように、株価も3月に底を打って以来、堅調に上がっています。(下画像は日経225チャート)

日経平均コロナショック

 

さて、「暴落が来たら株を買うぞー!」と言っていた人は3月に買うことができたのでしょうか。

「二番底が来るぞー!」とか「日経平均は10,000円まで下がるぞー!」などといった声にビビってしまって全く買い付けることができず、気付けば株価はスルスルと上昇・・・という状況になって残念がっている人も多いのではないのでしょうか。

僕は高配当株投資がメインなので、所有銘柄が大幅減配などを発表するまでは永久ホールドすると決めています。

3月にはかなりの含み損を抱えましたが、1株も売らず持ち続けて、今はほぼ戻っています。

問題の配当金に関しては、減配した銘柄はなく、むしろ増配してくれた銘柄がありました。(三菱商事、KDDI、三井住友FGなど)

MrSaka
MrSaka
これぞ百折不撓!?

本当はたっぷり買い増しをしたかったのですが、現金に余力がなかったのでSBIネオモバイル証券で連続増配銘柄や高配当銘柄を少しだけしか買うことができませんでした。

今思うと、「底が読めない」「二番底が来るかもしれない」そういった状況では、現金をたくさん持っていたとしても日にちをかけて少しずつ買うのはアリなのかもしれないと思いました。

100点は取れませんが、かなり良いポジションを取れると思います。

こちらもCHECK

【資産運用】株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がおすすめ!

年金問題、2000万円問題という老後への不安、国がつみたてNISAやiDeCoという制度を推進、FIREという考え方の広まりなどにより、資産運用を始める方が増えてきました。 資産運用といっても方法とし ...

続きを見る

 

2.長生きの秘訣について

122歳まで生きたジャンヌ・カルマンさんは長生きの秘訣として、以下の2点を挙げられたそうです。

1.笑うこと
2.退屈しないこと

 

退屈しないこと」というのは、少し考えさせられました。

冒頭、「本業に本気ではない」と書きましたが、この思いは良くないかもしれませんね。

これを読んだからというわけではないですが、転職活動を始めたり、副業を始めたりしています。

本業だけで生活していると、会社頼りになっておもしろくないですし、その仕事も楽しめないとなるともう撃沈です。

①本業の給料 ②副業での収益 ③株からの配当金など、複数から収入を得ることで精神的な負担を分担させたいということを考えています。

すぐにうまくいくものではないので「百折不撓」の精神で継続していきます。

スポンサーリンク

まとめ

「百折不撓」=どんな困難にも屈しないこと。

明るい将来を思い描いて、どんな境遇にあっても笑顔を忘れず、どんどん行動していきましょう!

-------------------------

「今日が一番若い日!」でお馴染みの両学長の本です!
お金の勉強もしっかりして幸せをつかみ取りましょう!

 

こちらもCHECK

【致知】人間学を学ぶ月刊誌「致知」について

当ブログでは、致知出版社の月刊誌「致知」という雑誌を読んだ感想を月に一度書いています。 参考 今さらになりますが、この「致知」がどういった雑誌なのか?世の中でどう活用されているのか?なぜ僕が読んでいる ...

続きを見る

関連記事

致知

2020/11/28

【致知】2020年8月号「鈴木大拙に学ぶ人間学」を読んだ感想

致知8月号のテーマは「鈴木大拙に学ぶ人間学」です。 <特集>を読んだ感想を書きます。 リンク   目次鈴木大拙って誰?長い階段大拙が追及したテーマ 鈴木大拙って誰? まず思ったのはこれでした。 調べてみると1870年生まれの仏教哲学者だそうです。 名前的にゴリゴリのジャパニーズかと思ったのですが、アメリカやヨーロッパの各地で仏教思想や日本文化の講義を行ったという、英語がとても得意でかなりグローバルな方でした。 仏教の中でも特に禅の思想が詳しかったそうです。   リンク   & ...

ReadMore

致知

2021/10/7

【致知】2021年11月号「努力にまさる天才なし」を読んだ感想

致知2021年11月号の特集は「努力にまさる天才なし」です。 感想を書きます。 スポンサーリンク 目次天才とは?自分を振り返って凡人から天才になるには天才になる必要があるのか? 天才とは? 文中には天才についてこう書かれています。 天才は努力しなければならない環境を自ら創り出して努力することをやめない。 努力することが息をするのと同様になっている人を天才という。 一方で、努力しなくてもいい環境になると努力をやめてしまうのは凡才であるとも書かれています。 スポンサーリンク 自分を振り返って 僕自身を振り返っ ...

ReadMore

致知

2021/9/6

【致知】2021年10月号「天に星 地に花 人に愛」を読んだ感想

2021年10月号のテーマは「天に星 地に花 人に愛」となっています。 それでは感想を書きます。 スポンサーリンク 目次当たり前のことだけど、、、人は生かされている 当たり前のことだけど、、、 書かれている本文そのままですが、 天に星が輝き、 地に花が咲き、 人に愛がある このことによって、人間の命は保ち続けられているとのことです。 僕は、たまに夜散歩をするので、星はよく見ます。 庭には花が咲いています。 そして愛すべき子供もいます。 当たり前のように存在して特に何も意識していないので、このような当たり前 ...

ReadMore

致知

2021/8/7

【致知】2021年9月号「言葉は力」を読んだ感想

致知2021年9月号のテーマは「言葉は力」です。 シンプルでありながら力強いテーマです。 それでは、読んだ感想です。 スポンサーリンク 目次言葉は命の元となる人間的器量が大事 言葉は命の元となる 美しい言葉や心を鼓舞する言葉は、人間の命の元となるとのことです。 また逆に、汚水が花を枯らすように、人を貶め損なうような言葉は、人間の心を腐らせ滅ぼす、とも書かれています。 大人になって、人を傷付けるような言葉はできるだけ口に出さないように意識するようになりましたが、子供が産まれてからはついつい子供に対してきつい ...

ReadMore

致知

2022/1/6

【致知】2020年3月号「意志あるところ道はひらく」を読んだ感想

胡散臭いタイトルですみません。 さて、「致知(ちち)」という雑誌をご存じでしょうか。 致知出版社( 人間学を探究して四十二年|致知出版社)が「人間力を学べる月刊誌」として発行している雑誌です。 稲盛和夫さんなど有名企業のお偉いさんたちが武勇伝を語って、「みんなも頑張ろうぜ」みたいな自己啓発的な内容になっています。 ただ、正直ちょっと宗教じみた臭いも少しだけします。   僕の会社では、毎月配られ感想文を書くことになっています。 毎月大体似たような感想になってしまうのですが、2020年3月号は個人的 ...

ReadMore

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.