致知

【致知】2022年12月号「追悼 稲盛和夫」を読んだ感想

致知 2022 12月号

致知2022年12月号のテーマは「追悼 稲盛和夫」です。

これまでに何度も致知に登場した稲盛和夫氏が、2022年8月24日に亡くなったことを受けての特集です。

参考【致知】2021年4月号「稲盛和夫に学ぶ人間学」を読んだ感想

致知 2021年4月号の特集タイトルは「稲盛和夫に学ぶ人間学」です。 稲盛和夫と言えば、京セラ、KDDIの創業者、日本航空(JAL)の再建などに携わったスーパー経営者です。 そんな偉人が放った言葉とは ...

続きを見る

参考【致知】2021年8月号「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」を読んだ感想

2021年8月号のテーマは「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」となっています。 特集には、松下幸之助、稲盛和夫、坂村真民といった、そうそうたる面々がコツコツと積み重ねることの大事さを説いています。 ...

続きを見る

参考【致知】まさかの長渕剛さん登場!心に残っている言葉とは?

致知2021年4月号の表紙を見て驚きました。 なぜならそこには「シンガーソングライター 長渕剛」と書かれていたからです。 以前、関ジャニ∞・村上信五さんが登場したことがあり、その時ぐらいの驚きがありま ...

続きを見る

それでは、特集を読んだ感想です。

スポンサーリンク

印象に残った箇所①

稲盛氏がJALの会長に就任した年の年末に話していたという、以下の言葉が印象的でした。

私は今も、ど真剣の日々を生きている。

特集に書かれているように、この時稲盛氏は78歳で、老後をのんびり過ごすことができていたはずです。

にも関わらず、ものすごい情熱を持って仕事に向き合っていたとのことです。

感想

近年、「FIRE」という言葉が日本でも広まっており、それを目指す若者が増えているようです。(最近は「FIRE卒業」という言葉も出てきているみたいですが。。。)

参考【資産運用】サイドFIREを達成するために考えるべきポイントと取るべき行動!

最近、FIREという言葉をSNSやブログ等でよく目にするようになりました。 FIREとは FIRE=Financial Independece Retire Early 上記4つの単語の頭文字を取った ...

続きを見る

稲森氏のこの言葉は、これとは真逆となる生涯現役を感じさせる言葉であり、どこからこんなエネルギーが出てくるんだろうと驚かされます。

とは言っても僕は「FIREしたい派」なので、お金を稼がなければいけない限りは、稲盛氏のこの言葉を心に留めて頑張りたいと思います。

スポンサーリンク

印象に残った箇所②

「稲盛和夫一日一言」に書かれているそうですが、

仕事に打ち込んで、世の中の役に立ち、自分自身も幸せだった。

このように感じられる生き方を、誰もが求めているのではないか、というところです。

 

感想

確かに世の中の役に立つと幸せを感じられる、というのは分かるのですが、その前にわざわざ「仕事に打ち込んで」という言葉を付ける必要があるのか気になりました。(どうも僕は「仕事」という言葉にアレルギーがあるようです。)

とは言え、自分が何かしら行動することで世の中の役に立てることは嬉しいので、たとえそれが金銭的に見返りがなくても、自分が楽しくてしていることであれば、幸せな人生を送れると思いますし、結果としてそれが「仕事に打ち込む」ということになるのかもしれません。

Mr.Children 彩り
参考【Mr.Children】「彩り」を聴いて気付いた、自分に合う仕事とは?

2007年に発売されたMr.Childrenのアルバム「HOME」に「彩り」という曲が収録されています。 アルバム全体に日常感が漂っており僕はとても好きですが、このアルバムを最も象徴している曲として挙 ...

続きを見る

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.