致知

【致知】2022年4月号「山上 山また山」を読んだ感想

致知 感想

致知2022年4月号のテーマは「山上 山また山」です。

それでは、特集を読んだ感想を書きます。

スポンサーリンク

「山上 山また山」とは...

1つ山を登れば、彼方にまた大きな山が控えている。

それをまた登ろうとする。

力尽きるまで。

人生を山に例えた言葉です。

生きていくことは山を越えていくこと、死ぬまで努力を怠らないことを表現していると思われます。

スポンサーリンク

印象に残った言葉

いくつかの言葉が紹介されていますが、その中で印象に残った言葉は以下です。

  1. 死ぬ間際まで読むこと、書くこと、話すことは続けていきたい。
  2. 息をひきとるときにもっとも完熟した人格を備える。
  3. 一生自己を進化していこう。

1.死ぬ間際まで~

死ぬ間際まで読むこと、書くこと、話すことは続けていきたい。

禅の高僧・松原泰道氏の言葉です。

僕は仕事柄、文章を読んだり書いたりすることが多いのですが、ブログをやっているため仕事以外でも文章を書くようになっています。

そのせいか、僕にとってこの言葉はとても突き刺さり、元気に生きている限りはコツコツと続けていきたいという気持ちが強まりました。

ちなみに、松原氏がこのような思いを抱くようになったのは、江戸時代後期の儒学者・佐藤一斎に関する本を読んだことがきっかけになったそうです。

 

2.息をひきとる~

息をひきとるときにもっとも完熟した人格を備える。

哲学者である安岡正篤氏の弟子・伊與田覺氏の言葉です。

確かに、加齢とともに体力が衰えるのは仕方ないかもしれませんが、人格は年齢と共に磨くことができます。

自分を振り返ってみると、お給料や資産は増えたかもしれませんが、それに伴い何かに対して情熱を燃やすとか夢を追いかけようという気力は失われているような気がします。

これは完全に人格の衰えに繋がりますね。。。

参考【致知】2021年12月号「死中活あり」を読んだ感想

致知2021年12月号のテーマは「死中活あり」です。 この言葉は安岡正篤氏の「六中観」で挙げられている、6つの言葉の中の1つだそうです。 その意味や感じたことについて書いていきます。 スポンサーリンク ...

続きを見る

 

3.一生自己を~

一生自己を進化していこう。

遽伯玉(きょはくぎょく)の言葉を受けて、安岡正篤氏が力強く呼びかけた言葉です。

これを読んで思い出したのは、「1.01と0.99の法則」です。

楽天の三木谷社長が執筆した「成功のコンセプト」に書かれているもので、1.01を100乗、1000乗すればとてつもなく大きな数値になりますが、0.99を同じように乗じるとほぼゼロに近づくということを表しています。

つまり、1日に1%進化するのか、1日に1%退化するのかで人生は大きく変わることになります。

 

スポンサーリンク

感想

人生山あり谷あり(=いいこともあれば悪いこともある)と言いますが、今の時代は人生山山山です。

日々1%の努力と進化で、夢を実現しましょう。

致知 感想

致知

2022/5/10

【致知】2022年6月号「伝承する」を読んだ感想

致知2022年6月号のテーマは「伝承する」です。 特集を読んで気になったところを2箇所挙げます。 スポンサーリンク 1.片川儀治さんの手紙より きっと夢も志もなく、 ただ生活費を稼ぐために働いたり、 一時の快楽を求めるような人生になっていた 致知と出会ったことで仕事に対する意識が変わったとのことです。 僕も社会人になってから10年ぐらいは、昔の片川さんのようにダラダラと働いていましたが、副業や転職を経て仕事に対する考え方が変わりました。 社会人になると多くの人が、起きている時間のほとんどを仕事に費やし、中 ...

ReadMore

雑記 致知 資産運用 家づくり

2020/12/21

【雑記】2020年の振り返り!ブログ開設、資格取得、転職など、ここ10年で最もアクティブな1年でした!

2020年も残りわずかとなりました。 なんとなく1年を振り返ってみると、 簿記3級取得 つみたてNISAスタート ブログ開設~収益化 初・米国株/ETF投資 転職 マイホーム完成 個人事業主開業 といった感じで、年始と今の状況が驚くぐらい変化していたので、備忘録的な意味合いで記事にします。 スポンサーリンク 2020年の個人的出来事! 1月 簿記受験を決意 年明け早々に両学長のYouTube動画を見ていて、おすすめの資格として簿記が紹介されていたので受験を決意しました。 当時、僕はメーカーで技術者として働 ...

ReadMore

致知

2020/11/28

【致知】2020年8月号「鈴木大拙に学ぶ人間学」を読んだ感想

致知8月号のテーマは「鈴木大拙に学ぶ人間学」です。 <特集>を読んだ感想を書きます。 リンク   鈴木大拙って誰? まず思ったのはこれでした。 調べてみると1870年生まれの仏教哲学者だそうです。 名前的にゴリゴリのジャパニーズかと思ったのですが、アメリカやヨーロッパの各地で仏教思想や日本文化の講義を行ったという、英語がとても得意でかなりグローバルな方でした。 仏教の中でも特に禅の思想が詳しかったそうです。   リンク     長い階段 鈴木大拙が晩年に住んでいたの ...

ReadMore

致知

2020/11/28

【致知】2020年9月号「人間を磨く」を読んだ感想

致知2020年9月号のテーマは「人間を磨く」です。 毎度毎度よく使われているような言葉ですが、ついにテーマになりました。 ・・・いや、調べてみると2010年11月号でもテーマになっていたようです。 MrSakaついにネタ切れか!? それは置いといて、特集の感想を書きます。 スポンサーリンク 自分を磨く方法 自分を磨く方法として、以下の4つのポイントが紹介されていました。 古今の師に学ぶ 仕事に打ち込む 意識を高める へこたれない 個人的には2と3が考えさせられたポイントです。   仕事に打ち込む ...

ReadMore

致知

2022/1/6

【致知】2022年2月号「百万の典経 日下の燈」を読んだ感想

致知2022年2月号のテーマは「百万の典経 日下の燈」です。 スポンサーリンク 百万の典経 日下の燈とは 「百万の典経 日下の燈」 百万本のお経を読んでも、行動しなければ意味がない。 明治時代の禅僧である今北洪川という人の言葉で、この人物について調べてみると、以前致知にも取り上げられたことのある鈴木大拙の師匠のようです。 鈴木大拙は相当行動力のある方だったので、これはきっと師匠譲りのものでしょう。 スポンサーリンク 印象に残ったところ 印象に残ったところは、「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教 ...

ReadMore

スポンサーリンク

-致知

Copyright© 終わりなきBlog , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.